2016年06月28日更新
映画 新垣結衣 アンジェラ・アキ

アンジェラ・アキの名曲をモチーフに生まれた新垣結衣主演の映画。【くちびるに歌を】

九州・長崎県の五島列島。青い海と緑の木々に囲まれた小さな島の中学の合唱部に、 東京でピアニストとして活躍していたという美しい臨時教員がやってくるー。現代版『二十四の瞳』ともいえる、新たな感動作が誕生!

1708
0

元天才ピアニストと噂される音楽教員を演じる新垣は、自身初の教師役に挑んだ。

同級生の教師ハルコが産休に入ることから代役を頼まれ、東京から故郷の長崎県・五島列島に戻ってきた柏木ユリは、中学校の合唱部で顧問を務めることに。かつては天才ピアニストだったと噂され、教師とは思えないぶっきらぼうな性格のユリは、コンクール出場を目指す合唱部の生徒たちに、「15年後の自分」へ宛てた手紙を書くという課題を出す。その課題に応じた生徒たちがつづる手紙には、15歳の少年少女が抱える悩みや葛藤がつづられていた。
引用元:eiga.com(引用元へはこちらから)
原作は、本屋大賞にノミネートされ、読書メーターおすすめランキング第一位にも輝いたベストセラー小説「くちびるに歌を」。
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)
全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキが五島列島の中学校を訪ねるテレビドキュメンタリーをもとに中田永一が書きおろした、青春小説の傑作です。
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

主人公の柏木先生には、映画・TVドラマ・CMと大人気の新垣結衣。初の教師役でピアノの特訓に励み、新境地を開拓します。そして、合唱部員の生徒たちに、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響。
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)
オーディション後半年に及ぶ合唱練習を積み、長崎での撮影合宿に臨みました。かつての『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』のように、本作から次世代のスターが生まれること間違いなし!
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)
監督は、『僕等がいた(前・後篇)』『陽だまりの彼女』『ホットロード』『アオハライド』など、次々と青春映画のヒット作を送り出す三木孝浩。今回自ら原作に惚れ込んで挑んだのは、初めてのラブストーリーではない本格的な“人間ドラマ”。五島を中心としたオール長崎ロケを敢行し、雄大な自然を背景にした抒情的な映像美で、郷愁を呼び起こす温かな物語を紡ぎました。
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)

【くちびるに歌を】動画

主演<新垣結衣>

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:kuchibiru.jp
新垣結衣・柏木ユリ
1988年沖縄県生まれ。ティーン雑誌「ニコラ」のモデルとして活躍後、女優業を中心に活動。2006年放送のTV-CMで注目を浴びる。2007年、初主演映画『恋空』(今井夏木監督)が大ヒットを記録し、第31回日本アカデミー賞新人俳優賞、第50回ブルーリボン賞新人賞など、数々の映画賞を受賞。主な出演作に、映画『恋するマドリ』(07/大九明子監督)『フレフレ少女』(08/渡辺謙作監督)『ハナミズキ~君と好きな人が百年続きますように』(10/土井裕泰監督)『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12/土井裕泰監督)『トワイライト ささらさや』(14年/深川栄洋監督)、TVドラマ「全開ガール」(11/CX)「リーガルハイ」(12/CX)「リーガルハイ」(13/CX)「空飛ぶ広報室」(13/TBS)「日曜劇場 S -最後の警官-」(14/TBS)がある。公開待機作に、『S -最後の警官-』(15年公開)がある。
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)

アンジェラ・アキ<コメント>

出典:www.officiallyjd.com
アンジェラ・アキ
「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」は、合唱コンクールで歌う中学生たちのために書き下ろした楽曲です。
そして、色んな方々に歌っていただいたことによって、大きな翼が生え私から飛び立っていったような思いがする特別な楽曲です。
コンクールを通して交流した若松島の中学生たちとのエピソードが、「くちびるに歌を」として小説化され、そして今度は映画化されると聞き、大変光栄な気持ちでいっぱいです。
6年前、私は若松島に降り立った日のことを鮮明に思い出しました。その長崎・五島列島の美しい風景や、そこに暮らす大らかであたたかい人たちの姿が、映画になって心から嬉しく思います。この作品が一人でも多くの人に届くことを願います。
引用元:kuchibiru.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者