2018年12月24日更新
シャンプー リンス 節約

シャンプーとリンスの節約方法!髪の毛を美しく、そして出費を防げるアイデア!

毎日シャンプーやリンスを使っていると、当然出費もかさばります。ちょっとしたアイデアで美しい髪になり、そして節約もできますよ。

1002
0

ポリエチレンの手袋を使う

出典:item.rakuten.co.jp/shizaicom-rt/10001440
シャンプーやリンスをする前に、ポリエチレンの手袋を用意します。 毛染めなどをするときに付属でついている半透明のビニールの手袋です。 そして、そのポリエチレンの手袋を付けたまま、シャンプーやリンスをします。 その時に使うシャンプーやリンスの量を、普段使う時の半分ぐらいに減らしてしてみて下さい。

すると、シャンプーやリンスの量を減らしているのにも関わらず、泡の量は普段と同じくらい泡立ちます。 これは、ポリエチレンの手袋を使うことにより、髪の毛の汚れやタンパク質が洗剤を吸い取るのを防いでいるからです。
引用元:azra.ldblog.jp(引用元へはこちらから)

シャンプーを重曹にして、リンスを酢にする!

重曹+酢にすると、ボディソープ、シャンプー、リンスが必要なくなります。重曹と酢の方が安く買うことができるので、大幅な節約にもなります。

重曹を頭につけるのは抵抗がありそうですが、おそるおそる試してみると「これでもいいかも」と思えることもあるかもしれません。節約したいならシャンプー+リンスを重曹+酢に!

休日に挑戦してみるのもいいかもしれません。
引用元:okguide.okwave.jp(引用元へはこちらから)
シャンプー 
1 ジップロックに入った重曹を手に取り、髪の毛につける
2 なじんだら洗い流す

リンス
1 シャンプー後、ボトルに入った酢を髪の毛にまんべんなくつける
2 よく洗い流す
引用元:okguide.okwave.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

塩洗髪と酢リンス

出典:www.rose-salt.net/?mode=f22
お金がかからず、且つ身体にわるくなさそうな洗髪方法として、塩洗髪にいきつきました。塩洗髪:粗塩を限界まで入れた飽和塩水を作り、よくお湯で洗った髪の毛につける。5分ほど放置して、お湯で丁寧に流す。おわり。

塩洗髪はこのような感じです。ものすごく原価安いです。1キロ300円程度です。

しかし実際続けてみると、髪の毛の油脂がなかなか落ちず、てかてかに。塩洗髪だけだと問題あり、ということに。
引用元:lizlim79.com(引用元へはこちらから)

酢リンスの作り方・使い方

出典:balique.jugem.jp/?eid=26
べとつきを解消するには酢リンスが良いのではないかと思い、これを試してみたところ、大正解でした。なんでも頭皮自体は弱酸性なので、シャンプーした後に酸性の状態に回復させるために、酢の入ったもので流してあげると良いらしいです。

実際に酢リンスをすると髪の毛がものすごくさらさらになり、市販のリンスを使っているのとほとんど変わらない状態に。

酢リンス: 200Lぐらいのお湯に、酢を大匙1杯ほどいれる。それを塩洗髪した後の髪の毛全体に掛ける。お湯で丁寧に流す。以上です。たったこれだけ。。。
引用元:lizlim79.com(引用元へはこちらから)

シャンプーなしの湯シャンにする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何をお探しですか?

まとめ作者