2016年06月28日更新
イタリア ローマ コロッセウム

誰もが知っているイタリア・ローマにある歴史的建造物<コロッセウム>その巨大さにびっくりです。

コロッセウムは、ローマ帝政期に造られた円形闘技場。英語で競技場を指すcolosseumや、コロシアムの語源ともなっています。

2638
0

建設当時の正式名称はフラウィウス円形闘技場

出典:www.google.co.jp
コロッセウム
コロッセウムはネロ帝の黄金宮殿(ドムス・アウレア)の庭園にあった人工池の跡地に建設された。すでに掘り下げられていたため池の水を抜くだけで済み、基礎工事をいくらか省略することができた。工事はウェスパシアヌス治世の70年に始まり、ティトゥス治世の80年に、隣接するティトゥス浴場と同時に完成・落成した。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

イタリア・ローマのホテル

出典:keymac.blogspot.jp
イタリア>ローマ>
ヴェネト通り沿いの歴史的な
建物を利用した高級ホテル

ジュメイラ グランド ホテル ヴィア ヴェネト
出典:en.wikipedia.org
コロッセウム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コロッセウムの動画

コロッセウムの口コミ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

世界遺産が多いローマで、古代の歴史を感じることができる、素晴らしいスポットの1つです。壁の風化は否めませんが、ガラス張りで保存・展示しています。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
映画「グラディエーター」で有名なコロッセオです。現在は岩が崩れかけており修復しておりますが、その迫力は色あせておりません。ぜひ一度は訪れることをお勧めいたします。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
コロッセオはかなりオススメです。バチカンに比べたら小さな場所ですが、中は古代ローマ人がここでいたのがわかるような感じです。このコロッセオに入るためにはかなり並びますので、朝早く行くかローマパスを購入すると並ばなくても入れます。
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
入場はフォロロローマと合わせて予約していましたからすぐ入られました。パンテノンから歩いてきましたのでフォロロローマから入り、一旦出て正門?から入りましたが待ち時間はゼロでした。ここの雰囲気が最高です。とにかく見たかったので良かったです。場外でコロッセオの置物を売っていますがここのは高いです。市内の他の店でもっと大きく安いのが売っていましたがここで買ってしまい残念!!!
引用元:www.tripadvisor.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.eccentricbliss.com
コロッセウム
出典:www.photosjunction.com
コロッセウム
『グラディエーター』 - 2000年に公開されたアメリカの映画。この映画ではコロシアムのセットが組まれたが、撮影までに完成したのは半分だけ、大きさは実物の四分の一で残りの半分はコンピューターグラフィックで作成した。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.the-art-minute.com
コロッセウム
出典:www.ashhibbert.com
コロッセウム
アクセス

ローマ地下鉄B線 コロッセオ駅
ATACトラム 3系統 コロッセオ広場停留所
トレニタリア(旧 イタリア国鉄)テルミニ駅から南西へ2.1km

引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出典:blog.housetrip.com
コロッセウム
出典:www.chaostrivia.com
コロッセウム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者