2018年12月20日更新
節約 おしゃれ アイデア

「節約おしゃれ」節約しながらでも、やっぱりおしゃれがしたいと言う人におススメのアイデア!

節約しながらでもおしゃれを楽しめます!毎日おしゃれを楽しみながら節約生活を続けましょう!節約生活をしながらも、やっぱりおしゃれがしたいと言う人におススメのアイデアです。

1627
0

まず、オシャレに見える人とはこんな人です!

オシャレに見える人に聞いた、コツのような物をまとめると
・ファストファッションや、定価の安い服だけでコーディネートしない(上手に活用)
・バックや靴など、小物も上手に買う
・イタくならない程度に、流行を取り入れる(アラサー以降は、ちょっと遅れくらいが、周りから浮きすぎず、オシャレに見える)
・個別で購入する物は、シンプルな物を
・似合わないと決め付けないで、着てみて自分に似合うコーデを考える
・オシャレに見えたい場(ランチや女子会、幼稚園や学校のママに会うなど)と、普段着とは別のコーデで。
(オシャレなつもりでも、きちんと感がなくて、あまりオシャレに見えない人も)
・パジャマや部屋着は出来るだけ買わず、古くなった物や趣味の合わない物などを活用する
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

と言う事で、簡単な方法「デニム好きになる」

毎日、同じスカート、またはワンピースを着ていると「また同じスカート」「同じワンピース」と思われますが、毎日デニムを履いていても「また同じデニム」と思われなくて「デニム好きなんだ」と思われるだけです。

デニム好きなんだと思われればトップスは着回しのできる物を買い足せばいいのです。 デニムも今は安くなって1,000円ほどで購入できますし、トップスも数百円から購入できます。
引用元:www.syufeel.com(引用元へはこちらから)

安い洋服でも必ず試着!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


実際に着てみたらイメージと違う、サイズが合わないなど、洋服買いでよくある失敗です。 試着して「自分には合わない。」と感じたら、ハッキリと店員さんに断る勇気を持ちましょう。

「断ったら気を悪くするかも。」と店員さんに遠慮することはありませんよ。 私は過去に高級アパレルショップの店員をしていましたが、ファッションショーのように洋服を着替えて、結局「考えます。」というお客様が意外と多かったです。

納得したうえで買ってもらい、リピーターになっていただくことが店側の本望。お店に寄っていただけただけでも感謝なのです。 だから、どんどん試着して自分に合った洋服をじっくり選んで、洋服代の無駄を徹底的に省きましょう。
引用元:minsetu.com(引用元へはこちらから)

季節はずれを買う!

夏に夏物を買うのも、必要な物があれば良いのですが、秋になったら着られる長袖や、冬物が出ている場合は、かなり安くなっていることが多いので、その中でシンプルで、品物の良い、定価の高い割安な物を買うのもコツ。

カーディガンなども、こうした機会にカラーバリエーションを増やしたり、あわせやすい白や黒はもう1枚をゲットするのもテクとのこと。

アウトレットなどでは、こういうお得な商品なども多いので、是非。皮のジャケットや、コートなど金額が高い物ほど、こうした時に探してみると、お買い得商品にめぐり会える可能性もアップし、オシャレ度も上がります。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

コーディネートが完成しやすい洋服を選ぶ

現在持っている洋服の中でコーディネートが完成しない・・・ そういう方は組み合わせ不可能な洋服ばかり買い揃えているからです。 どうせ購入するのなら、組み合わせ可能な洋服を買い揃えましょう。

コーディネートしやすいカラーは、白、黒、茶、灰色、ベージュ、紺色などの無難なカラーです。 これらのカラーはコーディネートも難しくありませんし、使い方を選びません。

多すぎるフリル、溢れる色、目立ちすぎるデザイン・・・ それが必要な時があるのかもしれませんが、シンプルに徹することが一番です。 黒を基調に暗くなりすぎないように、これから先買い揃えていくといいでしょう。
引用元:www.syufeel.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3パターンは着まわせる洋服を買う!

新しいアイテムを買い足すときは、手持ちの洋服と組み合わせて、最低でも3パターンは着まわせる洋服を買いましょう。「可愛い」「流行のもの」「雑誌にのっていた」など、一目惚れして購入しがちですが、ここは少し冷静に。

3パターン以上の組み合わせが頭にパッと浮かばない場合は、買ってもあまり着る機会がないものかもしれません。 せっかく気に入っても登場回数が少ない洋服は節約に繋がりませんので、慎重に購入してくださいね。
引用元:minsetu.com(引用元へはこちらから)

ネットのオークション!

ネットのオークションでも、ブランド物の服が安く手に入ります。 定価であれば数万円もするコートが、型落ちだからといって半額以下になっていたりしますので、これも探すのが楽しいですね。

ネットの場合に注意したのが、写真だとどうしても色味が実物と異なる場合が多いです。個人的にわたしが購入して失敗したのがベージュで、淡い色は特に色味が違って見えることがあるので注意しましょう。
引用元:goo.gl(引用元へはこちらから)

リサイクルショップで洋服を買う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブランド物の洋服になるとスカート1点数万円といった高額になり、節約主婦には手が出ませんが、古着屋を利用することで安く手に入れることができます。

リサイクルショップに行くと、使用感がかなりあるものから、ほとんど新品のものまであり、デザインが少々古いものからまだ新しいものまで探すのは楽しいです。 ブランド物のスカートが1点で数百円からありますので、人が着用したものだというのが気にならない方ならかなり活用できると思います。

気をつけたいのが、使用済みだということで、シミやほつれなど細かいところも良く見ましょう。 セーターなどは使用感が目立ちますが、コートやジャケット・スカートなどはまだまだ着れるものがたくさんあります。
引用元:goo.gl(引用元へはこちらから)

アウトレット専用の洋服を買う

今年のトレンドを取り入れつつ、布やボタンなどを安い材料で生産した商品が「アウトレット専用品」だ。

アウトレット専用品は通常商品で販売されておらず割引が無いため、お店で見ていてもお得感がない。しかし、今年のトレンドを安く取り入れることができるので、うまく取り入れるべきだ。季節の始まりは一度アウトレットに行って、商品を探してみよう。掘り出し物が見つかるかもしれない。
引用元:www.setsuyakubu.com(引用元へはこちらから)

通常店のセール品を狙う

7月~8月は春・夏物のセール、12月~2月は秋・冬物のセールがどこのお店でも実施されている。この時期は、通常店でも安く商品を購入できるので、アウトレットよりも商品が揃っている通常店を探してみよう。

この時期に安くなっているのは、今年使える期間が短いためだ。そこで、節約をするためにオススメなのが「来年着る服を買うこと」だ。これは節約の上級テクニックだ。自分の好みがコロコロ変わる方は、来年の自分の好みが分からないためだ。

しかし、「来年着る商品を買う」ことができるようになると、おしゃれ費を圧倒的に節約することができる。少しずつでもいいので、意識してみてほしい。
引用元:www.setsuyakubu.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者