2016年06月28日更新
ネイル ネイル女子 自爪復活

ネイルで疲れた自爪を復活させよう!☆ネイル女子必見☆

普段からずっとネイルをしているので爪がボロボロになっている・・・ という方が多いようです。 今回は、ネイルを長く楽しむために爪が痩せてしまった場合のお手入れ方法をお伝えいたします。

3105
0

ネイルをしていて爪が痩せてしまう原因

1.キューティクルケアをした後やジェル、マニキュアをしている時に保湿をしていない

綺麗にキューティクルケアをしたあとは、乾燥しやすいタイミングでもあります。
そして、ジェルの敵は乾燥!ネイルオイルやクリームで爪のまわりや指先の保湿をすることがとても大切です。
綺麗な状態も長持ちしますよ!
引用元:kirei-torisetsu.com(引用元へはこちらから)

2.マニキュアを落とす除光液を週に何度も使用している

除光液の使用頻度は、週に1度程にしたいもの。
そのためには、マニキュアを長持ちさせるための工夫が必要です。トップコートや強化剤を活用して1週間は持たせましょう。
しかし、マニキュアがボロボロになっている状態で、放置してしまうことは見た目だけでなく爪にも良くないので、除光液を使うタイミングはよく見極めましょう。

引用元:kirei-torisetsu.com(引用元へはこちらから)

3.ジェルを除去方法が間違っている!

ジェルを除去する時に丁寧に除去をしなかったり、除去するタイミングが悪くジェルが剥がれてしまうと、爪のいちばん上の層がジェルと一緒に剥がれてしまい、爪が薄くなってしまいます。
ジェルの除去は、ジェルの種類や自爪の状態によって適切なタイミングがあります。ジェル専用の除去剤でジェルを溶かして爪からリムーブしましょう。
その後、爪の表面をバッフィングする作業もポイントとなります。

引用元:kirei-torisetsu.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

セルフエステ!オリーブオイルで爪をパック!

オリーブオイルを爪に塗って、

ラップでくるんでゆっくり温めるだけです。

油分が補充された爪は潤いが増し、ツヤツヤになること間違いなしです。

引用元:nail-love.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)

小さな傷には塩水をつける!?

爪の小さな傷を治す方法があるなんて驚きの方もいるかもしれませんが、

ぬるま湯と塩を少々入れた小さなボールに指を入れておくと爪の傷が回復します。

一回の時間は十分ぐらいが適切です。

塩の代わりにレモンでも代用可能ですが、

指に傷があると染みるので気をつけましょう。
引用元:nail-love.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

手に傷があるときは避けたほうがいいでしょう。

指先をマッサージしてみよう

指先は特に末端の毛細血管の集中した所でもあり、神経も同じですので、ここの血行がよくなることは身体全体にとっても良い結果となります。
引用元:neilnokihon.seesaa.net(引用元へはこちらから)

爪の健康には食生活にも気を配って!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

爪とは、一見するとカルシウムで出来ているように見えますが、髪の毛と同様、ケラチンというたんぱく質によって作られている組織であり、健康状態を維持するには良質のたんぱく質などが不可欠なのです。
引用元:s.webry.info(引用元へはこちらから)
特に動物性タンパク質が不足していれば爪は薄くなり、脆く弱い爪になります。
引用元:m.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
コラーゲンは魚・肉のよく動かす部位、具体的には魚の頭や尾、鶏の手羽先、豚足、牛すね(すじ)肉などに多く含まれています。
引用元:m.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
バランスのよい食事を心がけよう
●ビタミンE…たらこ、アーモンド、植物油(ひまわり油やサフラワー油)、南瓜、アーモンドなど
●ビタミンB群…レバー、豚肉、大豆製品、うなぎなど
●カルシウム…牛乳、乳製品、大豆製品、小松菜、ひじき、ししゃもなど
●ビタミンD…魚類
●亜鉛…かき貝、ホタテ、肉類、卵など
●鉄分…レバー、あさり、大豆製品、小松菜、きくらげなど
引用元:sp.poroco.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者