2017年06月09日更新
ハワイ ESTA エスタ

【ハワイ旅行】初ハワイ必見!ESTA(エスタ)申請入門☆申請・確認方法まとめ☆

夏の旅行にハワイを計画している人必見☆2009年から導入された電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」をご存知ですか?英語が苦手な人も大丈夫!ハワイにスムーズに入国するために、初めてのハワイ旅行の人も、久しぶりにハワイに行く人も要チェックな情報をご紹介します☆

1510
0

☆海外旅行やっぱりハワイが人気☆

出典:www.irasutoya.com
日本よりも湿度が低く、温暖な気候で過ごしやすいと人気のハワイ☆
夏の旅行にハワイを計画している人も多いはず☆
そんなハワイについてのとっておきの情報をご紹介します♪

☆目次☆

以下の順番で紹介していきます♪

・「ESTA(エスタ)」って?
・米国に入国するためには必ず必要!
・自分で申請するなら公式サイトから!
・意外と簡単!申請方法と確認方法!
・みんなのESTA事情

「ESTA(エスタ)」って?

出典:jocee.jp
「ESTA(エスタ)」とは、「Electronic System for Travel Authhorization」の略で、米国に入国するためのビザを免除する電子渡航認証システムです☆
2009年1月12日から義務化されており、飛行機などに搭乗する前に認証を受ける形になっています☆
ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。
引用元:jp.usembassy.gov(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

米国に入国するためには必ず必要!

出典:www.irasutoya.com
サイパン島をはじめとした北マリアナ諸島やグアム島を除き、米国への入国には必ず申請が必要になります☆
ESTAがきちんと申請できていないと、飛行機などに搭乗できなくなる可能性もありますので、事前に申請は済ませておきましょう☆
一度申請すれば、最大2年間有効ですよ☆

自分で申請するなら公式サイトから!

出典:www.irasutoya.com
「ESTA」と検索すると色々サイトが出てくるかと思いますが、必ず米国大使館のESTA申請ページ(https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/)からリンクがはられている申請サイト(https://esta.cbp.dhs.gov/esta/)から申請を行いましょう☆
第三者のサイトからも代行として申請はできますが、高額の手数料を請求される場合もありますので注意が必要です☆

意外と簡単!申請方法と確認方法!

申請前に準備しておくもの

出典:www.irasutoya.com
まず、申請にはインターネットが繋がったパソコンが必要です☆
申請サイトにて以下のものも必要になりますので、手元に準備しておきましょう!

<準備しておくもの>
・パスポート(旅券番号が必要になります)
・クレジットカード(支払いに必要になります)
・申請者の住所
・滞在先(宿泊先のホテルなど)の名称と住所
・現在または過去の勤務先の住所

申請は有料!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.irasutoya.com
ESTAの申請は有料で、申請につき14ドル必要となります☆
支払いはクレジットカードのみとなりますので、手元にクレジットカードの準備をお忘れなく☆

日本語に変更出来て安心!

出典:www.irasutoya.com
ESTAの申請サイトは標準では英語表記になっています☆
ページの右上にある「ENGLISH(U.S/U.K)▼」をクリックして、表示された言語から「日本語」を選択すると日本語表記になりますので、申請前に設定を変更しておくと見やすくなりますよ☆

個人でもグループでも申請OK!

出典:www.irasutoya.com
申請は「個人で申請」と「グループで申請」の2種類に分けられています☆
家族旅行など複数で行く旅行の場合は、グループとして一気に申請することもできますよ☆

申請結果の確認は忘れずに!

出典:www.irasutoya.com
必要項目を入力して申請を押せば、遅くても30分後には審査の結果が分かります☆
申請サイトで、申請した時に割り振られる「申請番号」やパスポートの「旅券番号」で確認ができますので、必ず確認しておきましょう☆
ESTAが承認されている証拠として、結果画面を印刷して旅行先に持っていくのもいいですよ☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みんなのESTA事情

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者