2016年06月28日更新
肌荒れ 肌質改善 美肌

肌荒れを治す!魔法の食材とは?

高い化粧品や、サプリメントを使わなくても実は肌荒れって改善できちゃうんです。 毎日の食事に取り入れるだけで肌荒れ知らずのツヤツヤお肌になれちゃう、 そんな願いを叶える5つの栄養素と食材をお教えします。 【画像クリックで画像が拡大されます】

11856
0

肌荒れを食事で治す!素肌が求めてる5つの栄養素

吹き出物、ニキビ、シミ、乾燥、お肌のトラブルってちょっと油断すると起こってしまいますね。

肌荒れ対策の化粧品やサプリメントを使ってお金をかけてみても中々良くならない。
そんな時は、毎日の食事の栄養素を見直してみましょう、ここに美肌へのヒントが隠されているのです。

乾燥が気になる肌荒れには《ビタビンA》を含んだ食材を!

カサカサする乾燥した肌荒れには、ビタミンAを採る事によって肌の潤いがグンとアップします。
ビタミンAにはレチノールとレチノイン酸の2種類があります。ビタミンAは目や生殖機能,免疫力,成長などに関わっています。ビタミンAには、胃腸や肺の粘膜や皮膚を健康に保ち,目の働きを良くし,活性酸素を除去する働きがあります。
引用元:www.mit-japan.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ビタミンAにはお肌のターンオーバーを促す効果があり、消化器などの粘膜や皮膚の状態を良くする事で栄養を吸収しやすくして、新しい皮膚を生まれ変わりやすくします。
よって、肌トラブル自体が起こりにくい肌を作り出す食材とも言えます。

ビタミンAを含む食材

野菜では、カボチャ・ニンジン・ほうれん草・モロヘイヤなど。
動物性では、鶏レバー・うなぎ などです。

アブラギッシュ!皮脂の過剰分泌や毛穴の開きには《ビタミンB1・2》

スポンサーリンク

スポンサーリンク

過剰な皮脂分泌はニキビや毛穴の詰まり、毛穴の開き、はたまた毛穴の黒ずみまで引き起こします。

皮脂分泌を抑えるためには、ビタミンB1・B2を含んだ食材を摂ると効果的です。

ビタミンB1

水溶性のビタミンで、腸内細菌からも合成され、体内に吸収されます。B1は細胞内でのエネルギー生産に大きく関係しています。体内でブドウ糖を分解するときに働くカルボキシラーゼという酵素の補酵素がB1です。ビタミンB1にはイライラをなくし、情緒を安定させ,乳酸を取り除く効果があります。ビタミンB1が不足すると、憂鬱,イライラ,だるく疲れやすい,動悸,息切れ,食欲不振などの症状が出ます。
引用元:www.mit-japan.com(引用元へはこちらから)

ビタミンB2

水溶性のビタミンで腸内細菌からも合成されます。細胞内で行われる、酸化還元反応の触媒となっている酵素の補酵素として働きます。エネルギー生産,脂肪酸の燃焼,成長と細胞の再生の促進,過酸化脂質の分解,胆汁酸・コレステロールの合成などさまざまな生理作用に関わっています。ビタミンB2が不足すると、無力感,老化,体の衰弱,体力の低下,口内炎,目の炎症,生理不順などさまざまな症状が出ます。

引用元:www.mit-japan.com(引用元へはこちらから)
皮脂分泌が過剰になってしまう原因の一つに、炭水化物がしっかりと代謝されていない事が挙げられます。
ビタミンB1はその代謝をスムーズにして肌の脂質のバランスを改善してくれる効果を持っています。

ビタミンB1を含む食材

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚肉・ピーナッツ・焼き海苔・たらこ・ゴマ・玄米など

ビタミンB2を含む食材

レバー類・納豆・まいたけ・卵・ぶり など。

くすみを改善!《鉄分》

お肌がくすんでいると、暗く、疲れたような印象を周囲に与えてしまいますね。

くすみの主な原因は、血行が悪くなっている事から起こります。
血行不良を改善させるには、鉄分の補給が効果的です。血液中の酸素を体の隅々にまで運ぶのがヘモグロビンなのですが、
そのヘモグロビンを作る材料となるのが鉄分なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者