2016年06月28日更新
バストアップ 肩甲骨 テレビ

肩甲骨でバストアップをしていく方法とは?

バストアップに効果のあるマッサージやボディケアは率先してやってみたいものです。雑誌や書籍、テレビなどでも様々なバストアップのやり方を紹介していますが、体の一部分を引き締めていくと効果のあるものもあります。特に注目されているのが肩甲骨です。

2968
0

効果的なマッサージは色々とある

出典:ameblo.jp
バストアップに効果のあるマッサージやボディケアは率先してやってみたいものです。
雑誌や書籍、テレビなどでも様々なバストアップのやり方を紹介していますが、体の一部分を引き締めていくと効果のあるものもあります。

バストアップには肩甲骨がポイント

出典:www.biranger.jp
特に注目されているのが肩甲骨です。
テレビでも多く取り上げられているストレッチを活用していったりすると、バストアップに効果があると言われています。
肩甲骨を動かすことで綺麗にバストアップできます。美しいバストをつくる肩甲骨ストレッチというものがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肩甲骨とはどこか?

出典:www.portalgraphics.net
肩甲骨は、天使の羽とも言われています。
肩甲骨は、なんと胴体の骨と直接連結していません。では何とくっついているかというと、首・肩・胸・脇・腕・腰に広がる筋肉。浮いた状態のまま、それぞれの方向に引っ張られながら自由に動き、それらの筋肉をつないでいるのです。
引用元:www.tenki.jp(引用元へはこちらから)
肩甲骨が歪んで周辺の筋肉が凝り固まると、身体に様々な悪影響を及ぼします。

・バストを理想位置で安定させる力の低下
・バストの下垂
・猫背
・首・肩コリ
・溜まった毒素が体外に排出されない(むくみ)
・冷え性
・ホルモンバランスの乱れ
・乳腺の発達を妨げる
・内臓機能の低下
引用元:www.mune-ookikushitainara.net(引用元へはこちらから)
血流やリンパの流れが滞れば、冷えや首・肩コリを招き、 血液が運んでくる空気と栄養を受け取って生きている細胞は衰えてくる・・・そうなれば内臓機能も低下するし、ホルモンバランスも乱れ、 乳腺の発達も妨げられてしまうのです。

バストアップに効果的な肩甲骨ストレッチ

出典:www.isis-chiro.com
肩甲骨が歪み、まっすぐな姿勢を保てずに背中が丸まり猫背になれば、バストは理想位置で保つことができずに下垂してしまいます。
猫背の状態で筋肉が硬直した(サビついた)ままの状態では、どんなに正しいつけ方でブラジャーをつけても、 バストを安定させることは難しくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

簡単なエクササイズやマッサージで(肩甲骨がサビついて)閉じてしまった助骨や鎖骨を開き、ガチガチに固まっている胸筋をほぐしましょう。

はみ出るお肉をスッキリさせる肩甲骨ストレッチ

ブラからはみ出てしまっている余計なお肉(脂肪)をスッキリさせるためにストレッチです。背中のお肉が気になる女性必見ですので是非やってみてください。
(やり方)
1.両腕を背中の真ん中にもっていく
2.上下に握手する姿勢で10秒キープ
※がっちり握手できない場合は指先だけでフックする形でもOK
※届かない場合は無理をしないでタオルを使っておこなってください。
3.左右3回2セット

肩コリも解消できる肩甲骨ストレッチ

(やり方)
1.両肩に手をのせます。
2.肘で円を描くように後ろに10回まわします。
3.次は前に10回まわします。
4.肩こりがひどい場合が前後10回3セットおこないましょう。
※いつでもできるので仕事の合間などにおこなってみてください。

肩甲骨はがし

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:guild-c.jp
これになれてくると、腕の可動がスムーズになります。
肩甲骨はがしやり方

1.腕を左右水平にあげる。
2.肘を直角に曲げる。
3.直角に曲がり、広げた肘を体の中心まで閉じる。(息を吐きながら)
4.左右の手のひら、肘をくっつける。
5.息を吸いながら、元に戻す

肩甲骨ストレッチを行っていくメリット

・肩こり解消
・痩せやすい身体になる
・血行促進
・リンパの流れが良くなる

代表的なメリットはこのような項目になっています。
血行促進やリンパの流れが良くなることでバストアップ効果が期待できます。他にも背中とバストはつながっているので肩甲骨が綺麗な女性はバストアップに成功しやすいということも言われています。

普段の生活でも行える

掃除で掃除機をかける時

出典:www.paylessimages.jp
掃除機をかける時にも意識していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者