2016年06月28日更新
メイク崩れ 注意 対策

気をつけたい!メイク崩れの原因と対応策を考える

夏は気温が上がり、日中よく汗をかく季節です。この季節に気になってくるのは、化粧崩れ。夏は、他の季節に比べ、化粧が崩れるのが早かったり、 崩れかたがひどくなったりしがちです。そこでメイク崩れの原因と対応策をまとめます。

1760
0

メイク崩れに要注意

夏は気温が上がり、日中よく汗をかく季節です。この季節に気になってくるのは、化粧崩れ。夏は、他の季節に比べ、化粧が崩れるのが早かったり、 崩れかたがひどくなったりしがちです。そこでメイク崩れの原因と対応策をまとめます。

メイク崩れは大敵

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メイク崩れの原因

汗による化粧崩れ

出典:ga-o.net
女性汗の画像一覧
夏の化粧崩れの原因と言えば、やっぱり汗。汗の成分は、99%が水分です。夏の暑い日、体温調節のためにかく汗は多量であるため、まさに汗で洗い流しているような状況になってしまうのです。

乾燥による化粧崩れ

「乾燥」している肌はメイクの密着力が落ち、化粧崩れが起こりやすくなります。また、乾燥しすぎると肌がバランスを崩し、皮脂分泌が過剰になってしまう場合も。
空調の効きすぎた室内や車内は、冬の外気以上に空気が 乾燥していることが多いのです。また、夏は汗をかきすぎたり、紫外線のダメージを受けて 肌の保湿力が落ち、肌が水分不足になりがちです。

皮脂による化粧崩れ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

汗をかくと、同時に皮脂も分泌されます。この皮脂が、夏の化粧崩れの一番の原因です。
ベースメイクは油分をたくさん含んでいるものが多いので、皮脂に混ざって溶け出してしまい化粧崩れが起こります。
夏の皮脂による化粧崩れは、【暑いから】起こるのではなく、 【肌が乾燥している】ために起こってしまうのです。
引用元:www.earthcare-net.com(引用元へはこちらから)

具体的な対策

出典:allabout.co.jp
... で メイク 崩れ 防止

汗をこまめにぬぐう

タオルでゴシゴシとぬぐうのではなく、優しく押さえるだけにすることです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

べたつきのある汗だと、ついつい強めに拭いてしまいがちですが、タオルの繊維による摩擦は、肌にシミをつくるなど、悪影響を起こすことがあります。
汗をぬぐう際には、摩擦を起こさないよう、やさしくやさしく、肌に触れるだけにしてください。

こまめな保湿

出典:serendipities.cocolog-nifty.com
石川昌浩さんのガラスコップ
日中、肌に乾燥を感じたら、水を入れたコップをデスクに置いたり、加湿器を回すなど乾燥した空気自体に水分を与える工夫をしましょう。
化粧前のスキンケア。 正直、朝は忙しく、時間がないかもしれません。朝は夜よりも保湿の量が少なく、浸透時間が短くなりがちです。
ファンデーションなどのパウダー状のメイクアップ化粧品は、 肌の水分を吸収するため、肌を乾燥させてしまいます。また、夏は一歩外に出るだけで、紫外線や外出先の過剰な空調に よってどんどん乾燥が進むのですから、その前に十分な潤いを 与えておくことが必要なのです。

朝のひと手間

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者