2016年06月28日更新
デニム ブランド 定番

デニム大好き!長く愛せるデニムブランドを探してみました

引き続きトレンドの定番アイテムとして定着中のデニム。でも安かろう悪かろうじゃつまんないですよね。持っていてもしっかりと安心できるブランドじゃなくちゃ!そんな上質デニムを探してのまとめです

1856
1

引き続きデニムがトレンドの定番に!

昨年の春からのデニムに関するトレンド。
春から夏にかけてもまだまだ勢いは衰えることを知りません!

例えば…

出展:Youtube

松島花、北村道子ほかが着こなす最旬デニムコーデ。_VOGUE JAPAN

『VOGUE JAPAN』2015年2月号では、15年春夏シーズンの最重重要アイテムである「デニム」を大特集。人気モデルの水原希子、松島花、沙羅マリーが...

15年春夏シーズンの最重要アイテムであるデニム。
引用元:www.vogue.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

普通であることが「クール」と称される現代の空気感がランウェイにも飛び火、「誰もが一着は持っている」デニムこそ、そんな最先端の気分を体現するアイテムとして、ビッグトレンドにまで発展した。
引用元:www.vogue.co.jp(引用元へはこちらから)
来シーズンのメイントレンドは "ライト70's"
ヒッピーやグラムロックなど、
70年代らしい音楽を感じるデザインが多く発表されておりました。
引用元:www.vogue.co.jp(引用元へはこちらから)
ということで、デニム。
引用元:www.vogue.co.jp(引用元へはこちらから)
ブーツカットやリラックスしたシルエット、パッチワークやメンズライクなワーク感
ノンウォッシュからダメージ加工にダンガリー素材など
各メゾンやデザイナーそれぞれの個性が見れます。
引用元:www.vogue.co.jp(引用元へはこちらから)

そこで上質デニムのブランドを探してみました♡

個人的にはデニムといえばA.P.C.!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

デザイナー 「Jean Touitou (ジャン・トゥイトゥ)」が1987年にフランスでスタートした「A.P.C.」は、失われつつある普通でいて美しいものを新しいオリジナル素材やディテール使いをすることでラディカルに表現したモダン・フレンチスタイルを提案しています。
引用元:blog.kikunobu.jp(引用元へはこちらから)
「服をデザインした人間より服自体の良さを前面に出したい」という考えから、発当初はブランド名は存在しませんでした。
引用元:blog.kikunobu.jp(引用元へはこちらから)
トレンドに流されないミニマルな服作りをし続けています。
引用元:blog.kikunobu.jp(引用元へはこちらから)
ブランド名の由来は「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」です。
引用元:blog.kikunobu.jp/?eid=1086348

スポンサーリンク

スポンサーリンク

忘れちゃいけないAG

AGは2000年にデニム業界のパイオニア、Yul Kuによってスタート。デニムに根差したDNAを持つ息子のSamuel Kuはブランドクリエイティブディレクターとなった2008年より、プレミアムデニムブランドの枠を超え、モダンライフスタイルブランドへのAGを進化させています。
引用元:www.agjeansjapan.com(引用元へはこちらから)
初めの構想、デザイン段階から、裁断、縫製、洗い、仕上げ、出荷までが、ファッション業界の中でも稀な高い生産技術力とデザインノウハウが詰め込まれたAGの社内で全て一貫して行われます。
引用元:www.agjeansjapan.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者