【バレンタイン】職場で義理チョコを渡す時に気を付けたい事

会社内でバレンタインチョコや義理チョコを配るのはよくあることですよね。職場でバレンタインを行う時は、社会人としてマナーを守ることが鉄則!今回は、会社内でバレンタインチョコを渡す時に守りたいマナーについてまとめました。

1725
0

日本独自の文化「義理チョコ」

そもそも日本において、バレンタインに想いを寄せる男性に対して、女性がチョコレートを贈るという独特のイベントが開催されるようになったのは神戸モロゾフ製菓が、チョコレート販売促進の一環として1936年(昭和11年)に英字新聞『The Japan Advertiser』に広告を出したのがきっかけとされる。その後不二家や森永製菓などが「バレンタインデー=女性が男性にチョコレートを贈る日」というイメージ戦略を行った結果、1950年代よりバレンタインに意中の男性にチョコレートを贈るという行為が広がりを見せ、同時にOLが職場の男性にチョコを贈る「義理チョコ」という風習が登場するようになり、日本の文化として根付いた。
引用元:afun7.com(引用元へはこちらから)
「いつもありがとうございます」という、ご挨拶の意味で渡すのが義理チョコなんです。

引用元:uzauza01.com(引用元へはこちらから)

義理チョコをスマートに渡すマナー

高すぎるチョコは避ける

バレンタインデーの義理チョコには、金額では500~1000円のものを配るという方がほとんどのようです。

引用元:honmei.kinbyoubu.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しが待っています。 あまり高額なチョコレートは負担になってしまうので、避けること!

引用元:okguide.okwave.jp(引用元へはこちらから)
「安いチョコで申し訳ない」なんて変に恐縮する必要はありません。

引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)

忙しい時間には渡さない

会社でチョコレートを渡す際は、忙しい時間帯は避けるべきです。例えば、出社してから間もない時間や終業の1時間?2時間前などは止めておくべきでしょう。

引用元:u-note.me(引用元へはこちらから)
営業部の人などは、営業先から帰ってきた際などのタイミングを見計らってチョコレートを渡せると良いかもしれません。チョコレートを渡された相手も良い気分転換になると思います。

引用元:u-note.me(引用元へはこちらから)

2.職場では、複数人で購入し、複数人で渡す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者