日本と全然違う!?世界各国のバレンタイン事情

日本のバレンタインデーといえば、女性から男性にチョコレートなどのプレゼントを贈るのが一般的。ですが、海外にはバレンタインデーの意味や習慣が日本と大きく異なるという国も少なくありません。各国のバレンタイン事情をご紹介します。

3534
0

バレンタインデーの始まり

出典:matome.naver.jp
バレンタイン
2月14日 St.Valentine's Day(セントバレンタインデー)は
世界各地で愛の誓いの日とされています。
その歴史は、古代ローマ時代までさかのぼります。

戦争中の古代ローマ、時の皇帝クラウディウス2世は、
兵士が家族や恋人を恋しがって、軍の士気が低下しないよう
兵士たちの結婚を禁止していました。

引用元:www.flower-valentine.com(引用元へはこちらから)
そんな時代に、
キリスト教司祭・聖ウァレンティヌス(聖バレンタイン)は
結婚を望む兵士たちのためにこっそり結婚式をとり行っていたのでした。

しかし、このことがローマ皇帝の逆鱗に触れ
269年の2月14日に聖バレンタインは処刑されてしまうのです。

その後ローマでは、
2月14日に殉教した聖バレンタインが愛する男女の守護聖人となり、
春の訪れと聖バレンタインのエピソードが時と共に混ざり合って
14世紀には、今と同じようなバレンタインデーになったそうです。
引用元:www.flower-valentine.com(引用元へはこちらから)

バレンタインデーの各国事情

実は、女性から男性へプレゼントを贈る風潮は他国にはほとんどありません。世界標準では逆なのです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメリカ

出典:web.kansya.jp.net
子どもから大人まで国の大イベント
出典:www.flower-avail.com
花束はマストアイテム
バレンタインデーにおける最も重要なアイテムは「花」だそうです。
他の何はなくとも「花」は絶対だそうです。
お花は女性の職場に届くそうで、
しばしばそんなシーンが映画やドラマに出てきます。
引用元:www.flower-valentine.com(引用元へはこちらから)
花束もハート型にされたり、ぬいぐるみが付いたり、薔薇といっしょにチョコレートが包まれたり、趣向を凝らしたデコレーションが施されます。

引用元:www.beerstudygroup.com(引用元へはこちらから)
男性から女性にプレゼントを贈る傾向が強いです。
チョコレートも贈りますが、花とカードが定番です。
中にはジュエリーなどの高額品を贈ったりもします。
引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)
出典:stat.ameba.jp
学校の一大イベントになっている
アメリカの学校行事で、花やチョコレートを男女関係なくプレゼント交換をします。高校では、学校で花やチョコレートを購入すれば寄付金になるシステムになっていました。

引用元:itmama.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャンディとグリーティングカードをクラスメートと先生に贈ります。子供たちにとって、この日は友達と先生との親交関係を確認し、またキャンディを楽しむ機会です。

引用元:www.conversationsdirect.com(引用元へはこちらから)

イタリア

イタリアでは恋人同士でプレゼントを贈ることが多いようです。プレゼントは、食べ物やお花のような形が無くなってしまうものではなく、形に残る物を贈り、義理チョコの習慣は無いようです。

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)
プレゼントを贈り合ったり、食事や旅行に出かけるカップルも多く、旅行先としてはヴェネチアやパリがロマンチックで人気だそう。
最もポピュラーな贈り物は花で、特に赤いバラが人気です。イタリアでは赤バラは「情熱」という意味があり、愛する人に贈るのにぴったり!

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.0141.org
なんとイタリアにはシングルの人たちのための2月15日“シングル•デー”が存在します。
イタリアの独身たちにとって2月15日は、寂しさを埋めるなんてネガティブな日では決してなく、
恋人を見つける前祝いのような、または交友関係をさらに広げていくような、どこまでも
前向きな一日なのです。
引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)

フランス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.arukikata.co.jp
フランス 旅行ガイド(観光 ...
フランスのバレンタインデーはいたってシンプル。恋人同士で一緒に食事をしたり、相手に薔薇の花束やカードを贈ったり。贈る側も女性ではなく、男性というのが一般的。これはドイツやアメリカでもほぼ同じスタイル。

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)
男女問わず、愛する人にカードやプレゼントを贈り、恋人同士でラヴラヴに過ごす、恋人たちの特別な日なのです。よくあるパターンは、男子が「mon amour(愛しの人)」に真っ赤なバラを贈り、2人でラブラブのディナーをします。

引用元:retrip.jp(引用元へはこちらから)

イギリス

出典:eigoservice.jimdo.com
愛するもの同士の日
バレンタインデーは「女性から片思い相手の男性への告白」という日ではありません。「愛する者同士の日」です。
出典:www.tripadvisor.jp
ディナーと花束は定番!
イギリスでは、男性が女性を喜ばせるためにロマンティックなデートをセットアップ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者