2016年09月30日更新
恋人 恋愛 恋愛テクニック

彼氏欲しいという時に限って出来ない理由とは?

恋人が欲しいと思っているのに出来ない時ってありますよね。 今回は恋人が欲しいのに出来ない女性の特徴や、恋人が欲しいときにするべきことをまとめした。是非参考にしてください。

3422
0
恋人が欲しい、でもできない、恋愛でよくある法則の一つが「恋人が欲しい時に限ってできない」というもの。こんな経験は誰にでもあると思いますが、それには理由があったんです。今回は、恋人が欲しいときに、なぜ恋人ができないのか、どうすれば恋人ができるのか、恋人の作り方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

引用元:www.pairs.lv(引用元へはこちらから)

彼氏欲しいという時に限って出来ない理由

彼氏が欲しいを引き寄せているから

彼氏が欲しいと声を高らかに言っている人やまたは強く思っている人ほど彼氏が出来ない理由のひとつに彼氏が欲しい状態を引き寄せているからでしょう。欲しいと強く願うときそれはきちんと叶えられていて「欲しい状態」を引き寄せているのです。よく探し物をする時ほど物が見つからないのも「対象のものがない」という念を発しているためでしょう。


引用元:happy-dreamer.com(引用元へはこちらから)
なので彼氏が欲しいと思っている人は「彼氏がいる自分だったら」どうするのか考えて実際に行動してみると効果が現れるでしょう。例えば彼はどんな髪型なのか、自分の好きな照れた仕草はどんな仕草か、寝起きはいいのかどうか、好きな食べ物は何か、など。自分が相手にしてあげたいこともピックアップしてみましょう。料理を振舞って喜んでくれる顔が見たいのなら今からどんな料理を作るのか実際に作ってみたり、マッサージをして癒してあげたいのなら資格を取ってみたりするのもいいでしょう。


引用元:happy-dreamer.com(引用元へはこちらから)

自分に自信がない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分に自信が持てないということも恋人ができない原因になっています。私には恋愛なんか出来ないと心のどこかで思っていないでしょうか?自分に自信がないと男の人から異性としてみられるということすら避けてしまうようになるようです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
そういう自信のなさは色んなところに現れます。スカートを履かないとか異性と接するときも敢えて男友達同士のような接し方をしてしまったりなど、無意識に言動にでてしまいます。そんな方はゆっくりでいいので、自分に自信を持ちましょう。誰にでもコンプレックスはあるものです。しかし、自信から見たコンプレックスがはとから見ても短所とは限りません。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
むしろ、自分嫌だと感じている部分を可愛いと思われていることもあるのです。自分に自信が持てて自分を好きになると、表情も変わってきます。綺麗になるための努力も楽しみながら出来るでしょう。そうすると外見だけでなく内面にも変化が訪れてくるはずです。自分のあら探しをするのはやめましょう。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

女としての努力を怠っている

彼氏が欲しいというなら、女性としてそれ相応の努力はやっぱり必要です。毎日メイクに手を抜かなかったり、お風呂上りのスキンケアやヘアケアを入念に行ったり、たまにはエステやサロンに通ったり…そんなことで構いません。あなたは美しい女性でいるための努力を何か一つでも続けていますか?
引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

常に不満な顔をしている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「恋人がいないから欲しいけど、できない……。」という不満が知らない間に顔に出ていると、男性も寄って来なくなります。

不満な顔をした人と、もし付き合っても楽しいとはとても想像できません。誰だって恋愛をするなら、やはり明るくて一緒に居て楽しいと思える人がいいはずです。
引用元:www.pairs.lv(引用元へはこちらから)
長年彼氏のいない女性は、「どうせ見せる相手なんていないんだから…」とどこかで手を抜いてしまいがち。そのせいでさらに男性とのご縁は遠ざかり、またさらに手を抜き始める…という悪循環!この輪っかから抜け出さなければ、いつまで経っても素敵な彼氏なんてできそうもありませんね。

引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

そもそも恋愛ができない

恋人同士が仲良く手をつないで街中を歩いているのをみても、自分には無理だと消極的になってしまう男女が増えてきています。恋愛に対してよりも、仕事が忙しかったりそのために休日を寝て過ごしてしまうと、恋人が欲しいけれどできないばかりか出会いの場さえなくなってしまいます。これでは、恋人が欲しいと思っていても空想のままで終ってしまいます。休日は、デートの誘いがあれば乗るようにすれば、恋人が欲しいという欲求が叶う可能性が高くなります。


引用元:t-kirei.com(引用元へはこちらから)

本当は欲しいと思ってない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

彼氏が欲しいと言っている時に限って出来ない理由の一つに本当は彼氏ではなく、別のものが欲しい場合があるでしょう。彼氏ができてしまうと本当は自分の時間がなくなるから嫌なんだけど友達の恋話を聞いているから欲しくなってみたりしてはいないでしょうか。


引用元:happy-dreamer.com(引用元へはこちらから)
彼氏が出来ることで自分が損してしまうと思っている人にとってはいくら意識して「彼氏が欲しい」と言っていても本当に望んでいることは手に入りにくいでしょう。まずは自分自身が彼氏が出来たら本当は困ったり損してしまうことについて考えてみるといいかもあいれません。それでも「彼氏が欲しい!」と思う時は恋に本当に前向きであるオーラが出るので素敵な人と出会える可能性が増えることでしょう。


引用元:happy-dreamer.com(引用元へはこちらから)

理想が高い

“自身を持っている人”と”理想が高い人”は似ているような気がしますが、全く違います。

条件がどうであれ、人は自分が魅力を感じた相手を好きになります。ところが、理想が高い人は「条件1クリア、条件2もクリア、条件3もクリアした優良物件発見!じゃあ好きになりましょう」という具合で判断します。
引用元:www.pairs.lv(引用元へはこちらから)
恋人がほしいと思っているのにできない方は、自分の中でいつのまにか複数の条件を作っていて、恋愛対象を絞っていることが多いものです。このように理想ばかり高くなって、恋愛の窓口を1人で狭めていることがあるのです。

“条件”に当てはまっているかを確かめるのではなく、人として相手と向き合ってみましょう。自信を持って向き合って、もしその人を好きになれば、相手も自分のことを魅力的に感じてくれるかもしれません。
引用元:www.pairs.lv(引用元へはこちらから)

ギラギラしていると男性が引くため

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者