2016年06月28日更新
恋人 恋愛 恋愛テク

単なる知人や友達から恋人になる方法とは?

誰も友達になる前から恋人だった…なんてことはないと思いますが、友達付き合いが長い異性と恋人関係になるのってなかなか難しいですよね。今回は、友達から恋人に発展させるためのきっかけ作りやステップをご紹介していきたいと思います。

5177
0

友達から恋人ってあり…?

誰も友達になる前から恋人だった…なんてことはないと思いますが、友達付き合いが長い異性と恋人関係になるのってなかなか難しいですよね。友達以上恋人未満の間は、相手が自分のことを恋愛対象としてみているのか友達としてしか見ていないのか、はっきりとわからないことが多いですし、友達関係を恋人関係まで発展させるきっかけも、自分で作らないことにはなかなかやってきません。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

友達から恋人になるメリット

必要以上に気を遣う必要がない

友達から恋人に発展したカップルは「必要以上に気を使う必要がない」というメリットがあります。一般的に、恋人になりたてのカップルはまだ信頼関係が築けていないため「重くないかな…」「こういうこと言ったら印象が悪くなるかな…」「こんなことしたら嫌われないかな…」と、相手に気を遣いモヤモヤしたり、落ち込んだりしてしまいがち。これは恋愛関係を続けていくうちに時が解決してくれるものではありますが、相手に気を遣って疲れを感じてしまうこともしばしば。

ですが、友達から恋人に発展した場合は、長年友達関係を続けていたバックグラウンドがあるので、相手との間にしっかりと信頼関係が築けているはずです。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

何でも言い合える関係がつくれる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一般的なカップルはある程度時間を共にしないと、本音で何でも言い合える関係を築くのは難しいですよね。ですが、仲のいい友達同士の期間が長ければ、相手の過去の恋愛や家族のことなど基本的な情報は大体知っているため、相手に本音で何でも言い合える関係になるのが早いと言われています。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

ダメなところを知っている

友達から恋人に発展した場合は、お互いのいいところもダメなところも知りつくして受け入れているため、付き合い始めてからのギャップがあまりありません。ダメなところを知っていながらも相手を愛せるという愛は本物。長続きする可能性も高いと言えるでしょう。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

悪い下心がない

相手のいい部分や悪い部分をしっかりと見た上でお互いパートナーに選んでいるので、悪意や不順な下心なく、純粋に恋愛関係を築くことができるでしょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
相手のいい部分や悪い部分をしっかりと見た上でお互いパートナーに選んでいるので、悪意や不順な下心なく、純粋に恋愛関係を築くことができるでしょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

友達から恋人になるためのきっかけ作りは?

「2人きり」を多くする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何か二人でとっても楽しいことをして、気持ちが盛り上がったのを、恋愛感情だと勘違いしてしまうこともある

引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
とにかく何か約束をして、頻繁に会い続けること

引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
飲み会の二次会はパスして2人だけで他の店に出かけたり、大学のノートを貸してもらうという口実を作ってカフェや放課後の教室に誘い出したり…。2人っきりになるのに勇気はいりますが、2人っきりになるきっかけを作るのは意外と簡単。まずは大勢で会うだけではなく、2人きりの時間を徐々に増やしていきましょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

共通点が多いことをアピールする

食べ物の好き嫌いがほとんど同じ

価値観みたいなものが近い
引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いつもと違う一面を見せる

思い切って、相手好みの外見や服装にイメージ・チェンジする

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
今までは見せなかった一面を見せ、「もっとあなたを知りたい」と思わせ、相手の興味を惹く

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
いい意味での意外性があれば、ドキンとします。

引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)
友達関係では見せない、女な一面を見せれば、相手の視点が変わるかも

引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

連絡が当たり前の関係になる

今ではスマートフォンやパソコンを使って、LINEでのメッセージのやり取りや、スカイプなどを使ったビデオ通話、メールやSNSでのやり取りなど、いつでも誰かと連絡が取れる状況になっています。どの方法でも構いませんが、相手にとって連絡が来て当たり前の存在になると、お互い無意識のうちに相手に依存してしまい、連絡が来なくなると少し不安になったり、寂しくなったりするという心理状態になります。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者