草食系はこうオトす!シャイで奥手な男子をその気にさせる恋愛テクニック

草食系男子という言葉は今や当たり前のように使われています。一昔前なら誘うのは男性で答えるのが女性という構図がはっきりとしていましたが、今では女性から誘う、誘われるように誘導しないと動いてくれない男性いわゆる「奥手な男性」が増加中です。そんなもどかしい男性との恋愛攻略テクニックをご紹介していきます。

6865
0

奥手男子を落とすコツは「焦らないこと」


奥手の男性は臆病な性格を持つ傾向があります。

つまり女性経験が少なく(あるいは皆無で)、しかも臆病なのですから、いきなり女性から積極的にアタックされると、それだけで腰が引けてしまうこともあるでしょう。

ですから、そうした男性を好きになったときは、まず、「じっくり時間をかけてゆっくり攻める」という意識を持つことが必要になります。

「好意」を口ではなく態度で、さりげなく、そして繰り返し彼に見せるということからスタートするといいでしょう。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)
具体的な草食系男子をオトすテクニックとは?

まずはお友達になる

草食系男子は基本フレンドリーに接する人には好意を持ってくれるし、
基本ゆるい感じなのでそう簡単に人を嫌いになることは滅多にありません。
「迷惑かもしれない」なんて心配せず、 草食系男子を落とす時は強引で
馴れ馴れしいぐらいで調度いいので、まずは声をかけてメールアドレスや電話番号などの
連絡先を交換してしまいしょう。
引用元:koitanu.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

褒めて自信をつけさせる


奥手男子に限らず言えることですが、男性なら誰でも「褒められる」ことが基本的には好きです。

中には自分にも他人にも厳しくストイックな人(難しい人)もいますが、基本嬉しいものです。

奥手男子にとっては、他男子よりも効果的だと思います。

理由は「自分の自信」に疑いをもつ男子が奥手には多いからです。

褒められることにより、自分の自信にもつながり、嬉しさ倍増です。
引用元:www.knaf2.com(引用元へはこちらから)

会話をリードする“聞き上手”になる

相槌を打ってニコニコ話を聞くことが“聞き上手”ではありません。
男性の話には、適度に質問を投げかけて、気持ちよく話せるように
会話をリードすることが大切です。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

「100%自分に惚れている」と思わせる

奥手な男性にはとにかく自信をつけさせてやること。

引用元:lovetechnique.blog84.fc2.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男は鈍感な生き物であり、大抵の男性は恋で傷つくことを極度に恐れています

引用元:www.weloveyou.mobi(引用元へはこちらから)

奥手な男性に過剰なメール攻撃は禁物


メアドやLINEなどの連絡先を交換しても、最初は「用事がある時だけの連絡」にしておきましょう。彼がメールなどのやり取りに慣れてきた頃を見計らって、夜寝る前に「元気?何しているの?」などと、他愛もないけど意味深な質問のメッセージを送ります。

やはり返信が無かったら?
・気にする必要はありません。

彼が奥手なのはアプローチする前から知っていることなので、返信がなくても凹まずに、数日たってから同じように意味深メールを送信してみましょう。「テレビ観てます」「本読んでます」等と、「たった一言のシャイな返信」がポツポツ送られてくる可能性大!
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

ボディタッチを増やす

男性の本能である体に訴える方法が一番効果が高いです。

奥手な男性をその気にさせるには:好きな人へアプローチしたわ
あなたを女と好きな人に意識させるには、大胆なアプローチが必要です。普通の男性にガツガツすると引かれてしまうけど、奥手な男性なら少し大胆に行ってもそれくらいが丁度よいのです。
引用元:approachtechnic.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

挨拶やボディタッチなどは女性からできる非常に簡単なアプローチだと思います。

もし気がない相手でも「ちょっと遊んでみただけ」と思えば楽なものです。
引用元:otoko-shinri.mimoza.jp(引用元へはこちらから)

自分から話しかける

奥手な男性は自分からなかなか話しかける機会やきっかけを作るのが下手です。

引用元:ren-shinri.net(引用元へはこちらから)
相手の方から来られた方が、奥手でシャイな男性は嬉しいものです

引用元:oshiete.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

とにかく2人で会う

どんな口実でもいいので、2人で会う機会を作りましょう。

映画や遊園地に行っても、ただ食事するだけでもOK。会話するチャンスさえ作れればシチュエーションは問いません。
引用元:nanapi.jp(引用元へはこちらから)
「一緒に食事でもどうですか?」など、ストレートに誘う。

ただし、最初は遠回しに断られる恐れがあります。気軽に何度か声をかける必要があるでしょう。
引用元:jp.news.gree.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者