2016年08月16日更新
恋愛 恋愛テクニック 婚活

男性が「こいつとはムリ!」と愛想を尽かしてしまう"愛されない女子"の特徴とは?

男から見て愛されない女性の特徴をまとめました。 あなたに当てはまる項目がないかチェックしてください。

6195
0

リアクションが悪い

男性のつまらないギャグなどに対して少しは笑ったりして、本人はその場を楽しんでいるつもりでも、男性からしてみるとリアクションが小さくてつまらなそうな女性。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
合コン等で気になる人がいても特別扱いしません。全員に気を使って本人的には好感度をあげているつもりなのに、誰にも興味がなさそうに見えてしまっています。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

言っていることが支離滅裂

自分の中では結論が決まっているくせに意思表示をしない
支離滅裂な女性は愛されない女の象徴です。
引用元:jyoshiryoku.moterujyoshi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性からしたらとてもめんどくさい女だと思われます。
例えば、どこへ行くか聞くとどこでも良いと答えるくせに、
ココへ行こう!と提案すると嫌だと言う。
「なら決めてくれよ」と言いたくなりますよね。
意志表示をしないのに、文句を付ける、まるで子供です。
引用元:jyoshiryoku.moterujyoshi.com(引用元へはこちらから)

素直じゃなくて否定的

男性から見れば十分魅力的に映っているのに、「私って太ってるし可愛くないし、愛されるわけがない」と決めつけてしまっている女性。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
褒め言葉を素直に受け取ることができず、謙遜するというよりは、本気でそんなことないと否定してしまうので、スキがなく近寄り難い雰囲気を醸し出しています。結果的に男性が寄り付かなくなり、更に「自分はモテないんだ」と思い込んでしまいます。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

ブリッコ

ブリッコというのは、男性・女性問わず“かわいい”に自意識が向いたわざとらしい振る舞いです。そのわざとらしさが鼻につくので、嫌われる原因となるのでしょう。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の男性の影を感じる

自分を魅力的に見せたいあまり、男性から慕われた話や誘われた自慢をする女性は本命には選ばれにくい傾向があります。他の男性の影をちらつかせることで「私はいろんな人から必要とされている価値のある女性です」とアピールするつもりが、男性からは「そんなにいるなら別に自分でなくてもいいのでは?」と思わせてしまいます。本気にされたいのならモテ自慢はほどほどにしましょう。
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

自分中心なお姫さま女子

男性は「自分の話を聞いてほしい」「自分の話に喜んでくれたら嬉しい」って思っているものです。
実は脳科学的にも、男性は優劣主義といって、「◯◯くんって◯◯くんよりもすごい!」と褒められることに喜びを感じるということが証明されています。
あなたが、彼の話を真剣に聞き、「すごい」や「面白い!」と褒めてあげることで男性はあなたといることが楽しくなることでしょう。
引用元:lier.jp(引用元へはこちらから)
それにもかかわらず、「最近わたしさ〜…」「わたしは◯◯したいんだけど」「わたしの話きいてる?」「なんで聞いてくれないの?ちゃんと聞いてよ!」…なんて調子だと、彼もあなたと一緒にいることに疲れてしまいます。

元気で明るい女性はもちろん魅力的ですが、たまには彼の話も聞いてあげて、彼に、あなたと一緒にいたいなと思わせることが大切ですよ。


引用元:lier.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性の事を大事にしない

付き合うという事はお互いの関係を深める事であって、言葉約束だけの恋人という肩書きが重要では無いのです。
そのためには、今までお付き合いしていた女友達との女子会に出席する頻度も当然減らすべきなのです。
引用元:kb-marriage.com(引用元へはこちらから)
ここで愛されない女はこう思います。
・女子会に参加しなくなったら仲間はずれにされるかも・・・
・私が参加していない事を愚痴られているかも・・・
・彼の事を悪く言われてるかも・・・

こんな事を気にしてはいけません。
これから生活するのは女友達ではなく彼とです。
優先すべきは確実に彼です。
引用元:kb-marriage.com(引用元へはこちらから)

「でも…」ばかり使う

「○○は良い、でも…」
「これでも良いけど…こっちの方が良い。でも…」
優柔不断とはまた少し違う愛されない女の口癖。
気ばかり多くて少しでも不満や不安があると躊躇してしまうからこそ、
「でも」や「けど」を多用するんです。
そんなメリハリのない性格は、人としても好かれません。

引用元:jyoshiryoku.moterujyoshi.com(引用元へはこちらから)

自分からは行動しない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者