2016年06月28日更新
成人式 生花 髪飾り

成人式のとっておきヘアは「生花」で本物の美しさをGET!

成人式に限らずブライダル、体育祭、卒業式はヘアアクセをつけたい!!髪飾りだってこだわりたい!頭につけれるお花、集めてみました。お気に入りが見つかってどうか素敵な一日になりますように♡

4167
0

国花《菊》

国花(こっか、英: Floral emblem)とは、その国民に最も愛好され、その国の象徴とされる花である。
春のサクラに対して日本の秋を象徴する花となるが、それが決定的になったのは、鎌倉時代の初め後鳥羽上皇が菊の花の意匠を好み、「菊紋」を天皇家の家紋とした頃からである。また、九州の豪族菊池氏も家紋に「菊花」もしくは「菊葉」を使用している。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
出典:ta-ke-ya.com
パスポートのデザインや議員バッジ、など実は様々なところにモチーフとして使われていますね

ボタン【牡丹】

出典:luoyang.baike.com
花言葉は「王者の風格」「富貴」「恥じらい」「高貴」「壮麗」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

春に花付の鉢植えが、秋に、苗木が売られるので、それで育てる。
被子植物なので種からも育てられるが、開花まで時間がかかるので、一般的ではない。そのため、流通する苗のほとんどは、芍薬を台木に接ぎ木にしたものである。
秋の苗木は根を切っているので、植えた翌春に咲いても、その後は株が弱り、次に咲くまで時間がかかる。あるいは枯れてしまう。そのため、花を惜しんで幹を切り二年後に期待するという方法がある。花付のものも花が終わると秋には鉢増しをする。土は腐葉土をたくさん含んだ肥沃なものを使用する。なお夏には休眠するので、葉は取る。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

シャクヤク

出典:gensun.org
花言葉は「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」
牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草本である。そのため、冬には地上部が枯れてしまい休眠する。ボタンの台木として使用されるが、シャクヤク自体の花も美しく、中国の宋代には育種が始まった。江戸時代には「茶花」として鑑賞され、品種改良も行われた古典園芸植物でもある。また熊本藩では武士の素養として園芸を重要視し、奨励された。特に六種類の植物が盛んに栽培、育種され、これを「肥後六花」と総称するが、キク、朝顔、椿等と共にシャクヤクもそこに加わっている。この熊本で育種された系統を「肥後芍薬」と呼ぶ。これを含め日本のシャクヤクは一重咲きが中心で、特に雄蕊が大きく発達して盛り上がり花の中央部を飾るものが多く、全般にすっきりした花容である。この花型を「金蕊咲き」と呼び、海外では「ジャパニーズ・タイプ」と呼んでいる。
花の形は「一重咲き」「八重咲き」「翁咲き」などがある。
株分けで増やすことが一般的。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ユリ

出典:a3.att.hudong.com
花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」
日本には15種があり7種は日本特産種である。 山岳地帯を含む森林や草原に自生することが多いが、数種は湿地に自生する。L. arboricolaは唯一の着生植物である。 一般的に、石灰質でない弱酸性の土壌を好む。日本の園芸では秋植えの球根草として扱われる。

代表的な種に、ヤマユリ、オニユリ、カノコユリ、ササユリ、テッポウユリ、オトメユリなどがある。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ガーベラ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.jelflower.com
花言葉は色によってもちがいますが、神秘、希望、常に前進、辛抱強さ
温帯な地域および、熱帯アジアやアフリカなどに分布し、野生で約40種が存在する(特に南アフリカが多い)。花のもちが良く、フラワーアレンジメントでも比較的多く使用されている。花色はピンク、赤、白、黄色、緑、オレンジなど豊富にある

ヨーロッパで品種改良され、切花や鉢植用に栽培されるものが多くある。こうしたものは花期は4–9月頃、暖地ならば4-11月頃(ただし真夏は中断する場合あり)が多い。
切り花用として流通している品種は2000品種以上あり、そのうち90パーセント以上がオランダなど日本国外から輸入された品種である。ただし、切り花のほとんどは、輸入された苗などを日本国内の農家が栽培したものである。

花の直径から大輪・小輪に分類され、それぞれに花弁が糸状になった「スパイダー」タイプがある。また、弁の形状から「一重」「半八重」「八重」に判別することができ、花弁が退化した「球状」タイプの品種もある。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者