2016年11月02日更新
シャワー 美容 デトックス

毎日シャワーだけの人は必見!湯船に浸かる事で得られる嬉しい効果とは?

今回は湯船に浸かるメリットをご紹介! キレイを叶えるために、日々の生活の中で無理なく、まずは10分湯船に浸かることから始めてみましょう!

1491
0

汚れが落ちやすくなる

じっくりと体を温めます。髪や体を洗う前に、お湯につかって汗をかいておくと、汚れが落ちやすくなる効果があるんです。

引用元:bit.ly(引用元へはこちらから)

角質ケア&潤い効果

お湯や湯気の温かさによって、皮膚の汗腺、皮脂腺が開き、汗や皮脂がしっかりと分泌されるため、肌に潤い効果をもたらします。

さらに、肌の角質層が水分をたっぷり含んで柔らかくなるため、肌表面のゴワゴワした古い角質が剥がれやすくなります。
引用元:natural-elements.jp(引用元へはこちらから)

内臓の働きが良くなる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シャワーだけで済ませていると、体の表面しか温まりません。
しっかりと体の内側、内臓を温めることにより、その働きを活発にさせることができます。

特に腸の働きが活発になることで、便通が良くなり便秘解消にも役立ちます。
引用元:healthil.jp(引用元へはこちらから)

静水圧による引き締め効果

女性の方はスルーすることができないような内容ですが、どういうことでしょうか?

お風呂に入って、肩まで体を湯の中に沈めた場合、湯の水圧(静水圧)は500キロにもなり、胸囲が2~3cm、ウエストが3~5cmも引き締まっているそうです。
この静水圧は血管やリンパ管を圧迫して、血行やリンパ液の循環をよくし、全身の代謝を活発にさせる効果があります。

とくに下半身にある腎臓の血流もよくなるので、排尿量が増えて「むくみ」や「冷え」の緩和につながります。
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)

ダイエット効果

比較的温めのお風呂に10分程度浸かるだけでも、80キロカロリー程の消費が可能となります。この消費量は20分のジョギングにも匹敵する、非常にコストパフォーマンスの高い数字でもあります。

引用元:bit.ly(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

免疫力アップ

湯船に浸かると身体がポカポカ温まり、体温が一時的に上がります。その際、私達人間の体は、体温が1度上がると、免疫力が5〜6倍、基礎代謝が約12%も上がっているのです。免疫力は、風邪予防だけではなく、肌の美しさとも深く関わっています。

肌にも、菌やウイルスなどが毛穴から侵入してこないようにブロックする免疫機能があるため、肌免疫力を高めることにより、ニキビや吹き出物、乾燥や敏感肌などの肌トラブルが起きにくい、元気でつややかな肌に導いてくれます。
引用元:natural-elements.jp(引用元へはこちらから)

ぐっすり眠れる

入浴による深部体温の上昇は眠りにつく前の深部体温の下降をスムーズにし、寝つきがよくなるという仕組みです。

引用元:bit.ly(引用元へはこちらから)

マッサージ効果も

スポンサーリンク

スポンサーリンク

水圧効果というのは、筋肉をほぐしたり血液やリンパの流れをよくしたりするマッサージ効果でもあるのです。ただお湯につかるだけでマッサージ効果を得られるなんて、とっても手軽ですよね。

引用元:bit.ly(引用元へはこちらから)

脳梗塞や心筋梗塞にかかりにくい体質になる

入浴の温熱効果により、血栓を溶かすために備わっているプラスミンという酵素が増えるので、脳梗塞や心筋梗塞の予防に役立ちます。

引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者