2016年06月28日更新
小顔 美容 生活習慣

小さっ!!小顔の人が実践してる顔を小さく見せる何気ない習慣

あなたは小顔になる方法を知りたいと思っていないでしょうか。 小顔になる習慣についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

2499
0

顔が太って見えてしまう原因

体と比べて顔だけが太って見えてしまう人は、大抵、「水分代謝」にトラブルがある場合が多いと言われています。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
もちろん、骨格による差はありますが、小顔になれない原因の一つにむくみがあります。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
体全体が太っているわけではないのに、腕や脚だけ太かったり、顔だけ丸かったり。このような「部分太り」の原因はむくみの可能性大

引用元:u-rennai.jp(引用元へはこちらから)

小顔になるための習慣

固いものをよく噛む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スルメなどの固いものを、時間を掛けてゆっくり良く噛む事で、フェイスラインをすっきりさせましょう。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
顔の筋肉を多く使うために、たくさん噛むというのは大事なことで、小顔になる方法として、固いものを食べることが重要になるのです。

引用元:www.kogao-smile.com(引用元へはこちらから)
硬いものをよく噛むことで、顎と頬の筋肉が鍛えられます。そのため、表情が引き締まり垂れ下がり防止などが見込めます。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

舌の筋肉を鍛える

体の姿勢を決めているのは体の外側から見える大きな筋肉よりも、体の中にある小さな筋肉です。

いわゆるインナーマッスルです。

顔のインナーマッスルは舌の筋肉ですから、舌の筋肉を鍛えることによって顔の筋肉のバランスを整えることができます。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)
最初は上の歯と下の歯の外側を右回し、左回しでなぞっていきましょう。これを10回やります。

次に上の歯と下の歯の外側を右回し、左回しでなぞっていきましょう。これを10回やります。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

顔や体を冷やさない

冷え性は、体全体の血行を悪くし、老廃物がうまく排出できなくなって、むくみを引き起こします。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)
顔や体を冷やすと、体も顔もむくんでしまい、顔が大きく見える原因に繋がります。

なので、できるだけ顔や体を冷やさない習慣を付けることが大切です。

顔と体は繋がっているので、どちらか一方でも冷えた状態が続くと、途端にむくみになってしまいます。

なので、「顔や体は温めるようにする」ということを、日々意識しながら生活しましょう。

特に冷えやすい冬は注意が必要です。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

同じ姿勢で仕事をしない

身体を動かさないと、筋肉が垂れ下がってしまい、顔周りの筋肉も下にひっぱられてしまいます。

引用元:5min-massage.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

血液の流れが悪い証拠なので、むくみが起こる原因なんです。ですのでデスクワークだと余計顔がむくみやすい

引用元:www.tiisaikao.info(引用元へはこちらから)
正しくない姿勢を続けていると、骨格が開き→内臓が落ち→全身がムクミ→顔肉が増え→さらにたるみまでが目立ってきてしまいます。

引用元:www.karadano.com(引用元へはこちらから)

丁寧に歯を磨く

歯周病が悪化すると顔が大きくなる原因になるのはご存知でしょうか。特に横顔が変わってしまいます。

引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)
そこで歯間ブラシ、糸ようじ、ワンタフト歯ブラシで丁寧に歯を磨き歯周病にならないことが大切になります。

引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

アルコールを摂り過ぎない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者