男性を惹きつける「エストロゲン」を増やすには?

エストロゲンに満ちた女性は、セクシーだったり魅力的だったり、周りの視線を惹くものがあります。女性ホルモンであるエストロゲンを増やし、もっとみずみずしい潤った女性になってください。

1644
0

エストロゲンとは

エストロゲンとは卵巣から分泌される女性ホルモンです。
つややかな肌やたくさんの髪、ふくよかな胸など女性的な体をつくるために作用します。
美人ホルモンと呼ばれ、エストロゲンが分泌されているときがもっとも女性が美しくなる時です。
エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)、エステトロール(E4)などの種類がありますが総称してエストロゲンと呼ばれます。
引用元:kimeyaka-blog.com(引用元へはこちらから)

エストロゲンが増える方法

エストロゲンを増やすツボ押し

ホルモンの分泌が一番活発になるのは夜なのをご存知でしたか?就寝前や入浴後にリラックスした状態でエストロゲンを増やすツボ押しをおすすめします。

効果を高めたいのであれば、手は温めておいてからツボ押しすると良いでしょう。一人でツボ押しするもよし、恋人に教えてあげてツボ押ししてもらい愛を育んでいくのもエストロゲンを増やす効果もアップするでしょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

壇中(だんちゅう)

両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指~薬指を上下に重ね、少しずつ息を吐き出しながら3~5秒ほど軽く押します。これを4~5回ほど繰り返しましょう。デリケートな部位なのでワンセットあたり1分以内にとどめるよう気をつけてくださいね。

渕腋(えんえき)

両方の乳首を結んだ線を体の外側に伸ばし、わきの下と交差する点が渕腋というツボです。両方の親指で、左右同時にやや強めに押しましょう。1回の刺激は3秒ほど、これを4~5回繰り返します。押しているときは少し痛いかもしれませんが、離したときに心地よさを感じます。
引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)

バラの香りを嗅ぐ

アロマセラピーを上手に利用することで、エストロゲンが増えることがわかっています。特に有効なのが、華やかなバラの香り。イランイランやジャスミン、ゼラニウムなども良いですね。お好みのアロマオイルを手に入れてアロマポットで香らせるのもよし、お風呂に数滴たらしてアロマバスを楽しむのも素敵ですね。


引用元:antiaging-life.info(引用元へはこちらから)

無理なダイエットはNG

極端なダイエットは栄養のバランスも崩れるし、自律神経のバランスも崩れるため、エストロゲンの分泌にとっては良くありません。ダイエットをするなら、栄養のバランスを考えながら適度な運動を生活に取り入れるスタイルが一番です。


引用元:chicoli.net(引用元へはこちらから)
もしダイエットのし過ぎで体脂肪率が18%未満になってしまった場合、 無月経や若年性更年期障害、さらに不妊や早期閉経を引き起こす危険があります。そもそも体脂肪率が10%を切るとエストロゲン自体が出なくなってしまうので、体脂肪はとっても重要なんです。


引用元:chicoli.net(引用元へはこちらから)

大豆製品を摂る

大豆製品に含まれる「イソフラボン」はエストロゲンに似た性質を持っており、女性らしさを与えるその働きも同じように備わっています。このことから大豆製品は「植物性エストロゲン」とも言われています。

引用元:cuta.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

朝日を浴びる・できれば軽い運動

女性ホルモンのスイッチを入れてあげる
朝は朝日を浴びることでエストロゲンの分泌が活発になります。
朝は少しでも太陽を浴びるようにすると女性ホルモンの分泌スイッチが入ります。

ストレッチなど軽い運動も取り入れるとより効果的です。


引用元:sp-live.net(引用元へはこちらから)
なお、「大豆製品を摂りすぎると健康被害が出る可能性がある」という報道を受けて、厚生労働省は1日のイソフラボン上限摂取量を示しています。特定保健用食品(トクホ)については大豆イソフラボンは「アグリコン」として表示され、1日の上限摂取量を30mgまでとしています。こちらは普段私たちが食事で摂取するものは含まれません。

引用元:cuta.jp(引用元へはこちらから)

十分な睡眠をとる

エストロゲンは脳から出される性腺刺激ホルモンによって卵巣でつくられます。
睡眠不足が続くと脳が疲労し、正常なホルモンのコントロールが出来なくなります。十分な睡眠をとることが正常なエストロゲンの分泌に繋がります。

睡眠不足とは別に「月経前過眠症」といわれる症状があります。
これはもうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンが関わっています。
月経前になるとプロゲステロンの分泌が増え、体温が上がって眠くなる症状です。
引用元:kimeyaka-blog.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ストレスを避ける

ストレスはエストロゲンの産出量を低下させます。
原因は、 ストレスが多くなると副腎においてコルチゾール(ストレス応答ホルモン)の分泌量を増やしますが、 これは、コルチゾールの前駆体(元となる物質)であるプレグネノロンの減少を意味し、 このプレグネノロンを利用して作られる他のホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの減少を意味します。
引用元:kounenki.hajime888.com(引用元へはこちらから)
また、エストロゲン、プロゲステロンとも主要臓器である卵巣、黄体以外に副腎で産出されますが、 ストレスをかけ過ぎると、副腎が疲労しその機能が低下してしまうため、 エストロゲンやプロゲステロンの産出量が低下してしまいます。

特に更年期には、女性のうつ病発病率が2倍以上になりますが、 これはエストロゲンの低下も一要因であり、エストロゲンのレベルが低い場合、 同じ事柄でも、より多くのストレスを感じることが分かっています。

引用元:kounenki.hajime888.com(引用元へはこちらから)

タバコを吸わない

タバコを吸わない人よりタバコを吸う人のほうが閉経が2年ほど早まることが分かっています。
喫煙により卵巣でのエストロゲン発生が低下してエストロゲンの分解が早まりエストロゲンの減少につながります。
タバコをすぐにやめることをおすすめします。
引用元:xn--88j8dtb5e4b0b1gxn0bv878dyg4a92r.com(引用元へはこちらから)

恋愛をする

恋愛は、女性ホルモンであるエストロゲンを増やすのに効果的です。誰かを愛し、鼓動が高まり、ドーパミンが分泌され、幸せに満ちた気持ちはセロトニンとなり分泌され、それに影響を受けてエストロゲンも増加されていくわけです。

大好きなアイドルやハリウッドスターやアスリート選手が載ってる雑誌やビデオやポスターを観て心ときめかすことだって効果大みたいです。満たされた気持ちになることが何よりも大事ってことを意識していれば、もっともっとエストロゲンは増加されていくでしょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者