2016年10月28日更新
シミ くすみ UVケア

シミ・くすみを消す!【三角塗りのUVケア&効果ある日焼け止め方法☆】

シミやくすみってとっても気になりますよね!ましてやシミが濃くなってしまったら鏡を見るのもガッカリしちゃうーー。そんな時はちょっとひと工夫をしてシミやくすみを防ぎましょう!三角塗りのUVケアや色々な方法を集めました。

346
1

効果を高める日焼け止めの塗り方

1.日焼け止めを塗る前に…

日焼け止めは落ちてしまうと効果がありません。
そのため、日焼け止めを塗る前に、しっかりと肌の手入れを行うことが大切です。化粧水、美容液で肌を整えます。
引用元:hiyakedome.jp(引用元へはこちらから)
2.塗りすぎに注意!ムラなく塗りましょう。

日焼け止めは塗りすぎても良くありません。
1円玉程度の少ない量をしっかり伸ばして塗り、もう一度同量を重ねて塗ります。

一度に塗るよりも少ない量を重ねた方が、ムラにならず、塗りすぎを防いで塗れます。
引用元:hiyakedome.jp(引用元へはこちらから)
3.重ね塗りします。

最も日焼けしやすいのは、鼻・頬の高い部分です。
日焼けしやすい部分のみ、もう一度薄く重ねます。
引用元:hiyakedome.jp(引用元へはこちらから)
4.化粧下地・ファンデーションを重ねると効果的!

日焼け止めの上に化粧下地・ファンデーションを重ねると、より効果的に紫外線を防げます。

化粧下地と日焼け止めのどちらを先に塗るのかわからない…という人が多いですが、ファンデーションのつきを良くするためにも、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順で塗ると良いでしょう。

化粧下地として使用できる日焼け止めの場合には、化粧下地は必要ありません。
引用元:hiyakedome.jp(引用元へはこちらから)

紫外線から確実に肌を守る!効果的な日焼け止めの塗り方

毎日欠かさずに紫外線対策を行い、日焼け止めの塗り方も意識されている方が多いかと思いますが、日焼け止めがムラになり崩れてしまう事はありませんか?

日焼け止めは正しくきれいに塗らないとムラになり、効果が半減してしまいます。

そこで今回は、日焼け止めをムラなく効果的に塗るための方法についてご紹介します。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

おさらいしたい、効果を高める日焼け止めの塗り方

下地と日焼け止め UV効果を高める塗り方の順番と方法は?

5月から日焼け止め?正しい塗り方でUVカットはできる!美肌の人にはコツがある!

まとめ作者