2016年10月28日更新
シミ くすみ UVケア

シミ・くすみを消す!【三角塗りのUVケア&効果ある日焼け止め方法☆】

シミやくすみってとっても気になりますよね!ましてやシミが濃くなってしまったら鏡を見るのもガッカリしちゃうーー。そんな時はちょっとひと工夫をしてシミやくすみを防ぎましょう!三角塗りのUVケアや色々な方法を集めました。

355
1

シミ・くすみは日焼けが原因も

完璧に塗ったつもりだったのに、鏡を見て「あれ日焼けしている」なんてことありませんか? その原因は「うっかり油断ケア」に隠れています。今年こそ、シミ・そばかすを防ぐために、毎日のUVケアを見直してみましょう!
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

シミ・くすみを消す!三角塗りのUVケア方法



日焼け止めも美白剤も使っているのに、年々シミは濃くなる一方―。

そんな人は日焼け止めの塗り方に問題があるのかも。注意すべきは“伸ばしすぎ”。

まずは、UVカット効果を高める塗り方をマスター。

最新の日焼け止めと美白コスメもチェックして、効率良くシミを抑えよう!

引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)
5月から8月は、紫外線が強い季節。特に“ほお上”が日焼けしやすいと感じる人も多いのでは。「ほお上は、斜めに降り注ぐ太陽光線を受けやすく、紫外線を多く浴びている」と、ポーラ化成工業研究所開発研究部の高橋栄治主任研究員。
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)
日焼けと同時に、“光老化”も進む。ひふのクリニック人形町の上出良一院長は「日焼けは、何度も繰り返すやけどのようなもの。その結果、部分的に色素が沈着してできるのがシミ。ほお上は顔の中でもシミができやすい部位」と説明する。
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)
 シミ予防の基本は、紫外線の防御。「日常の外出なら、SPF(UVB防止効果)30程度の日焼け止めを。最近はSPFとともにPA(UVA防止効果)も高い製品が一般的になっている」(上出院長)。
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)
ここで問題になるのが、日焼け止めを塗る量。紫外線の防御効果は日焼け止めの厚みに比例する。たとえ高SPF・PAの日焼け止めでも、薄く伸ばしすぎると防御効果が発揮できない。「従来、日焼け止めは伸びすぎないように重い感触のものが多かった。最近はスプレーやジェルなどが軽い感触で人気だが、薄くなりやすい」と東京工科大学応用生物学部応用生物学科光老化研究室の正木仁教授。
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)
念入りに塗り込んでいる人も、要注意。「皮膚の上でこするように塗り込むと日焼け止めの水分が揮発し、よれてムラになる」と資生堂ライフサイエンス研究センターの佐藤潔グループリーダー。力を込めて伸ばすと、むしろ日焼け止めをぬぐい取ってしまう場合もある。
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)

今回の「三角塗りUVケア」なら肝心な部分を効率よくカバーできる。早速やってみよう。

まとめ作者