2016年06月28日更新
白湯 デトックス 簡単

一度は試したい定番美容✲白湯デトックス✲

有名な白湯デトックスですが、 きちんと続けている方は意外と少ないのでは? 白湯デトックスについておさらいしていくと共に 正しい知識を身につけましょう ★★★画像をクリックすれば、画像が拡大されます★★★

311
1
人は眠っているときに汗をかいて、朝起きるときには体内の水分が蒸発している状態です。体内が乾いているときに、体温に近い温度の白湯を飲むことで、内臓も目覚めさせます。

朝起きてからまず白湯を飲み、30分後くらいに朝食を摂ることで内臓の働きも良く、消化吸収が格段にアップするでしょう。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

ゆっくり飲もう

150cc程度(コップ1杯)を5~10分かけてゆっくり飲む。
引用元:homepage1.nifty.com(引用元へはこちらから)

量は1日700~800ml


1か月以上にわたって、定期的に白湯を飲む場合、1日の量はコップ5~6杯(700~800ml)に。

それ以上飲むと、体内に必要な要素まで洗い流してしまうので、かえって健康を損なうおそれがあるので、気をつけること。
引用元:homepage1.nifty.com(引用元へはこちらから)

長続きするためのおしゃれアレンジ

レモン白湯

海外セレブも実践

「まずは温めた水に、オーガニックレモンの半分を絞り入れたものをグラス1杯分飲むの。温めたレモン水を朝飲むと、1日の消化過程が促進されるのよ。」
引用元:japan.techinsight.jp(引用元へはこちらから)

やっちゃいけないこともあるんです!

気温が低い時期は要注意 冷水はダメ

画像を拡大

白湯が冷えきってしまうと、喉越しはいいですが
体内温度が下がるため内蔵機能は低下してしまいます。

気温が低くなる冬場は特に気をつけてくださいね。

出典:i2.wp.com

白湯がカラダにいいからといって、とりすぎも注意

過剰に摂取した場合も、内臓に負担がかかり体がだるくなったり消化不良を起こしたりすることがあります。
引用元:www.rcc.ricoh-japan.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者