2016年06月28日更新
ダイエット 美肌 女性の悩み

0円で無理せず美人に♡飲むだけでいい『水ダイエット』の効果が絶大♡女性の悩み一挙解決♪

コストがかからない!少しの意識でダイエットできることがオススメ☆断食で痩せるのはきつい…、いま「水」を飲むだけで痩せるというダイエットが話題!

1178
0

冷たすぎる水はNG

画像を拡大

⇒入浴後や暑い時期は冷たい水を飲んでしまいがちですが、冷たい水は体を冷やして胃腸に負担をかけます。
さらに血管を収縮させて代謝機能を低下させてしまうので、ダイエットや美肌には逆効果なので、できるだけ「常温水」か「白湯」(暖かいお湯)を摂取するようにしましょう。

出典:benpi-ninpu.com

一度で一気に飲もうとしない

画像を拡大

⇒一度に大量の水を摂取しても体の保水量は変わりません。それどころか胃腸に負担をかけてしまい逆効果なので、水はコップ1杯を目安にしてこまめに摂取しましょう。

出典:hadalove.jp

眠る直前の水の摂取はNG

画像を拡大

⇒眠る前にコップ1杯程度の水を飲むことは、寝ている間の水分補給のために必要です。
しかし、眠る直前の摂取だと水が体内に滞ってしまい体外へ上手く排出できなくなってしまいます。
次の日顔や体がむくむ原因にもなってしまうので、水は「寝る直前」ではなく「寝る30分前」に摂取することをおすすめします。

出典:wooris.jp

自分が美味しいと思える水を飲む

画像を拡大

⇒ダイエットに最も効果のある水は「硬水」ですが、「水ダイエット」は多くの水を摂取するため自分自身が美味しいと思える水の方がストレスはかかりません。
軟水でもダイエットや美肌効果はあるので、硬水が飲みづらいという方は無理をせずに飲みやすい軟水にしましょう。

日本の水道水はほとんどが軟水です。(一部地域を除く)

水道水には微々たる塩素が含まれているため、味に関しては販売されている軟水より劣りますが「水ダイエット」で使用する分には全く問題ありません。

出典:lbr-japan.com

水以外で代用しない

画像を拡大

⇒「水ダイエット」は「水」以外のものを代用することが出来ません。それは、人間の体が「水」以外のものを取り入れた時、それを分解するために更なる「水」が必要になってしまうからです。
つまり、「緑茶」や「ジュース」を分解する際も水が必要になるので、いくら水を摂っても必要量の水が足りない状態なってしまうのです。

出典:onimaga.jp

トイレに行きやすい環境の下で行う

画像を拡大

⇒「水ダイエット」を行うと、最低でも日中5回~10回程はトイレに行きたくなります。
仕事柄、頻繁にトイレに行く事が難しい方には「水ダイエット」をおすすめしません。休日など、トイレに行きやすい環境の中で行いましょう。

出典:img.hotel.jp

あまり知られてないけど、デメリットもあるから注意して!

画像を拡大

大量の水を飲むことで、血液が薄まると脳が水分摂取を控えるように信号を出し、水を飲むのが苦痛に感じる場合があります。
飲む量を決めて「飲まなければいけない」と考えてしまうと、ストレスの原因になります。
飲む水の量を決めずに、無理なく行なうことが水ダイエットを長く続けるポイントでしょう。

出典:speedprosignssteinbach.com

水の量と塩分の控えすぎにご注意!

まとめ作者