2016年11月08日更新
出会い 結婚 セレブ

【私はセレブになる!】玉の輿と出会いたい!結婚したい!

「世の中お金がすべてじゃない!」と思っていても、実際に結婚となるとやっぱり気になるのは「男性の経済力」ではないでしょうか?そう、お金にまつわる苦労はときとして愛情までも奪い去ってしまう恐ろしいもの。そんなふうにお金の心配だけはしたくない!

258
0

「お金持ちの男性と結婚して裕福なセレブ生活を送りたい」「玉の輿に乗りたい!」と夢を抱き、シンデレラストーリーに女性が憧れることを誰も責めることはできません。
玉の輿結婚をするには、医者、官僚、自衛隊、地主、パイロット、大手企業のエリートや社長など、高収入で、お金持ちの男性が結婚相手のターゲットなのでハードルはかなり高め…。
しかし、世の中には玉の輿結婚を「夢の話」では終わらせずに、現実にリッチマンをゲットする女性も実在します。「お金目当てだ」「美人で可愛い容姿でハイクラスな男性に選ばれただけで、浮気されて最後には捨てられるはず」等と、彼女たちは勝手な批判や中傷を跳ね除け、玉の輿に乗る運命のシンデレラストーリーを引き寄せるために、強い信念を持って積極的に行動しているのです。
では、特別な家柄の生まれや育ちでなくても「玉の輿結婚をする方法」を紹介します。セレブ婚が実現した後に「経済的レベルが高い結婚生活だからこそ苦労するポイント」も併せてご覧下さい。

特徴1 育ちの良い女性

昔から言われている、「類は友を呼ぶ」場合が多いです。良い家柄の男性は、それ相応の家柄の女性と出会う機会も多く、同等の生活レベルを送ってきていると共通点が多くなるため自然と惹かれ合っていきます。
しかし、お金持ちの男性が一般家庭の女性と結婚する「シンデレラケース」が起こる場合だってありえます。そんなシンデレラケースに恵まれる女性の特徴といえば、ズバリ「育ちの良さ」!
男性にとって、教養は身に付けていて当然ともいえるマナーの延長線。「躾が行き届き優雅な立ち居振る舞いを身につけてこられた」=「親から人として大切なことを教えてもらっている」というイメージにも繋がります。

つまり、裕福な家庭じゃなくても、きちんと礼儀や教育を受けさせてきた常識的なお家で育った女性、大人になって自ら教養や作法を身に付けた女性は、素敵な男性の目にも留まりやすいのです。

特徴2 見た目がキレイ

画像を拡大

玉の輿に乗っている女性の多くが誰もが羨む美しさも兼ね備えていますが、それも努力の賜物。お金持ちの男性の目に留まろうと思ったら、容姿を磨いておくのをお忘れなく!

出典:www.kekkon-j.com

男性は女性の容姿も厳しくチェックしています。ずたぼろの外見のまま、「教養はしっかり磨いているし、愛情の深さもお料理の腕も性格の良さも誰にも負けません!」とアピールしても外見が残念だったら、一緒に歩きたくないと思うのは男女共通です。

どれだけ素晴らしい内面をもっていても、それをしっかり発揮するチャンスを掴む術、つまり人が受け入れたくなる外見もセットでなければ活かしきれないし、そこを怠っていては男性に「その程度の女性」と思われても仕方がありません。

特徴3 男性の立て方を知っている

お金持ちの男性はプライドが高く、「女性には一歩下がってついて来て欲しい」だとか「男が女性をリードしていくもの」という古風な考えを持っている傾向も多々見られるようです。そんなお金持ち男性のニーズに応えられるのが「上手に男性を立てられる女性」。決して男性より目立とうとはせず、いつも彼を肯定的に支える姿勢でいる女性はお金持ち男性のプライドをくすぐります。一見簡単そうに思えますが、男性を立てるには強い意志と忍耐力、懐の深さが必要なのです。

特徴4 教養を身につける

画像を拡大

お金持ちの家系に産まれると幼少時代から英才教育を受けるケースも多いので、釣り合うためにも政治や経済、文学や芸術など幅広い分野における知識と教養を身につける必要があります。まず、知識と教養が無ければ、会話がほぼ成り立たないと思ってください。

知的レベルを上げる方法
・新聞を読む
・小説を読む
・芸術に触れる
・語学を習う

出典:journal.shingakunet.com

まとめ作者