2016年06月28日更新
カフェ 小鳥 吉祥寺

小鳥に癒されるカフェって御存知ですか??

東京の吉祥寺にある「ことりカフェ吉祥寺」は、文鳥やインコと触れあう事ができる珍しいカフェとなっています。かわいらしい小鳥の動きや鳴き声を思う存分楽しみ癒しを得る事ができる点が特徴です。

81
0

ことりカフェ吉祥寺の場所。

画像を拡大

「ことりカフェ吉祥寺」の所在地は、JR吉祥寺駅から徒歩15分、井の頭公園の先にある「三鷹の森ジブリ美術館」の目の前です。徒歩以外でいくのであれば、吉祥寺駅南口や三鷹駅南口からそれぞれ出ているバスを利用するのが一般的となります。

表参道の1号店に続き、吉祥寺は2号店としてオープンしました。

出典:co-trip.jp

★様々な小鳥たちが出迎えてくれる癒しの空間です★

白・桜文鳥、オカメ・ビセイ・サザナミインコなど、約20羽ほどの様々な種類の小鳥がお客様を出迎てくれます。小鳥はガラスで仕切られた部屋の中にいて、木のブランコをゆらしたり、ごはんを食べたりしています。自由に遊び回る小鳥を眺める事ができるので、日頃の疲れを癒してくれます。

小鳥それぞれの性格のちがいがわかるのも楽しみのひとつであり、これが支持を得ている理由です。

席は先着順となっており、鳥の近くが空いた場合は順次移ることが可能となります。混雑時は1時間制なので難しい場合もあるという事を把握しておく事が大切です。

小鳥をモチーフにした美味しいスイーツにも定評があります。

画像を拡大

オーダーできる鳥かごに入った小鳥をモチーフにしたケーキ(864円)は、「オカメインコ」、「三鷹の森モンブラン」、「白文鳥ムース」の3種類となります。
鳥をモチーフにした作品を作るアートユニット・torinotorioのラテアート”トリラッテ”とコラボした「ティラミス」(864円)も人気の商品です。カップに小鳥の絵柄がプリントされた可愛らしいドリンク(864円)も人気であり、またクッキーも付いています。スイーツはすべて吉祥寺にある人気パティスリー「ジュンホンマ」で作られています。
また、ごはんでインコをかたどった「いんこカレー」(1080円)に関しては限定となっているので、事前に確認をするのが鉄則です。

出典:co-trip.jp

様々な雑貨も売っているので、お土産を買う際にもオススメです。

まとめ作者