2016年06月28日更新
くちびる アヒル口 リップ

今よりもっと「魅力的な唇」を作る条件とは?

女性の顔の中で最も魅力的な部分と言えば、やはり唇ですよね。アヒル口しかり、ぽってり唇しかり、魅力的な唇はそれだけでモテ要素にも繋がります。そこで今回は美しい唇をつくる3つのコンセプトを紹介します

519
0

魅力的な唇を作る

メイクでは、唇の上にカラーや光沢を乗せたり、リップライン(境界線)を拡大したりできますが、プチ整形では「素材の立体感」をつくることができます。

唇には「美しい基準=黄金比」がある一方で、メイクと合わせて個性を発揮するところでもあります。

黄金比

黄金比というものは細かく線を引けば、いくらでも作れます。
肝心なのは大雑把なバランスです。
(鼻から―唇):(唇から―アゴ) の距離が 1:1.6 (黄金比)
(上唇の厚み):(下唇の厚み)が1:1.6

個性強調のアヒル口~グラマーな唇に

唇は個性を強調できるパーツでもあります。
メリハリの効いた「アヒル口」はグラマーな印象を与える唇であり、魅力的な唇をデザインする上で参考になります。

「魅力的な唇」

(1)メリハリのあるグラマーな輪郭(キューピッド弓、舟型)

(2)上唇:下唇=1:1.6

(3)口角が上がっている

(1)のキューピッド弓とは、上唇の輪郭の形がキューピッドが持っている弓に似ていることからそう呼ばれています。

また、上唇の下の輪郭が平坦だと、ボテっと野暮ったい印象になります。上唇の下の輪郭がキューピッド弓と平行にメリハリのあるカーブを描いていると、若々しく、立体的でキュートな印象を与えます。これが「アヒル口」です。

まとめ作者