2016年06月28日更新
日焼け 紫外線 UV

うっかり日焼けの正しいケア方法

日差しが強い5月〜6月。「気が付いたらお肌がヒリヒリする!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。うっかり日焼けしてしまった時の正しいアフターケア方法について紹介します。

430
0

ほてりやヒリヒリ感が治まった後は、敏感肌用の刺激の少ない化粧品を使うようにして、徐々に肌を回復させます。

少し肌が落ち着いたら、ビタミンC誘導体などのメラニンを還元する効果のある成分を含んだ化粧品でケアしましょう。皮膚科では高濃度ビタミンCの点滴などもありますので、プロの手を借りてお手入れするのもひとつの方法です。

日焼けによるダメージが落ち着いてきたら、美白成分と保湿成分が豊富に含まれた化粧品で、ターンオーバーを促しながら通常の美白ケアを続けていきましょう。

30代以降は特に注意!

年齢を重ねた肌は回復力も弱まってくる上、抗酸化作用のある酵素も減ってくるため、「うっかり日焼け」のダメージが何年も残ることも少なくありません。

日焼け直後のケアは素早く、正しくが基本。日焼けを気にすることなく、レジャーが楽しめるよう、スキンケアの知識を身につけましょう。

まとめ作者