2016年06月28日更新
美容 ダイエット フルーツ

“食後のフルーツ”が身体に悪いって知ってた?!

果物のおいしい季節に突入し、食後のデザートととして果物を食べようという人も少なくないと思います。でもその何気なくしている行為、栄養分を無駄にするだけじゃなく実はとても身体に悪いって知ってますか?!果物は食べるタイミングがとても大事なんです!

297
0
この発酵・腐敗の過程で人間にとって毒性のある物質が発生します。それは肝臓で分解されますから、肝臓にとっても負担がかかります。最終的に、分解できないものは肝臓や皮下脂肪に蓄積されていきます
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)
消化されずに残った食べ物は腸内で悪玉菌の餌となって悪玉菌を増殖させて腸内環境を悪化させてしまいます
引用元:healthtv.seesaa.net(引用元へはこちらから)

これが原因で体内に悪影響をもたらす


体内環境、腸内環境が悪化し、肌荒れや、風邪、胃痛、胸やけ、下痢、便秘など様々な悪影響を及ぼす恐れが。

場合によっては口臭の原因にも


長時間そのままにしていると、口臭の元となったり、ガス溜まりの原因にもなります。

果物は“空腹”の時に“単独”で食べるのベスト

「朝のフルーツは金、お昼は銀、夜は銅」は“空腹が良い”という意味


朝の空腹時、お腹に何も入っていない状態の時にフルーツを食べるのがいいですよということを表しているらしい。

フルーツを単独で食べると、フルーツに含まれる栄養、繊維、糖分が吸収しやすくなります
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

やっぱり果物は朝食にとるのが◎


空腹時がよいという理由もありますが、午前中は体内の排出と浄化が高まるので果物の酵素パワーを最大限に引き出しやすい。

エネルギーを消耗せず、生産的な一日を過ごすためにも私たちの体にとって消化が難くなく、最低限のエネルギー消耗で済むフルーツは朝食にオススメであると考えられるようです
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)

食前は1時間、食後は2時間以上あけて


朝食以外で食べる時は、その前に食べた物の消化する時間を考えて。サラダなどの軽い物を食べた時は1時間半ほど開けるといいです。

また果物を食べた後は、最低でも40分は間をあけてから他の物を食べるということを心がけましょう
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)

フルーツは出来るだけ朝に食べる方が、美容にも健康にもいいんですね!

まとめ作者