2016年06月28日更新
美容 ダイエット フルーツ

“食後のフルーツ”が身体に悪いって知ってた?!

果物のおいしい季節に突入し、食後のデザートととして果物を食べようという人も少なくないと思います。でもその何気なくしている行為、栄養分を無駄にするだけじゃなく実はとても身体に悪いって知ってますか?!果物は食べるタイミングがとても大事なんです!

292
0

食後のデザートに果物ってよくある光景ですよね

この何気ない習慣が以外と問題みたいです

当たり前に食べている食後のフルーツが実は体に悪い影響を及ぼし得ることもあるそうで、フルーツは摂るタイミングがとても大事とのこと
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)

なぜ食後のフルーツがダメ?

普通の食事が、2~4時間もかけて胃から腸へと届くのに対して、果物は、わずか 30分 で腸にまで届きます
引用元:n-harmony.net(引用元へはこちらから)

ただしこれは「空腹時」での話


果物は人間にとってもっとも消化しやすい食べ物。そしてすぐに体のエネルギーに代わってくれます。ただ、これが「食後」となると胃の中で混乱が!

果物を食後に食べると、既に食事でとった肉や魚、ご飯などがまだ胃に残っていて消化されていない状態のところに果物が入っていくことになります
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)
本来であれば胃をスルーしているはずの果物が食べ物と絡まり、胃の中にたまってしまうことになる
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

本来、すぐに消化される果物が肉や魚に邪魔をされて消化されず胃に長時間とどまることに!場合によっては消化されないまま腸へ。

長時間果物が胃の中にとどまった状態だと果物のアルカリ性が胃酸を中和して消化の力を弱めて消化不良を起こす原因となってしまうのです
引用元:healthtv.seesaa.net(引用元へはこちらから)
胃に入っているたんぱく質や炭水化物の食べ物までもが、腐敗や発酵を始め、栄養として利用することができなくなってしまうのです
引用元:ameblo.jp(引用元へはこちらから)

胃に溜まった果物が、果物自身の酵素によって発酵を始めてしまう!人間に必要な栄養分満載のフルーツもこれでは意味なし。

まとめ作者