2016年06月28日更新
下半身痩せ ダイエット 骨盤

下半身が痩せない…あなたの悩みの原因は、大転子かも

お腹周り、ヒップ、太ももとあらゆる方法を試したけど、痩せない、そんな方も多いのでは? 原因はきっと「大転子」が出ているからかも…

634
0

ウエストは緩いのにパンツが上まではけない…

ウエスト部分はゆるゆる、でもパンツが履けない。
こんな経験はありませんか?

原因は「大転子」

両手を脚の付け根の外側に当てて確認してみて。

脚をそろえてまっすぐ立った時、

骨盤の幅よりも太ももの外側が張っているタイプは、
骨盤のズレが原因で大転子が出っ張ってしまっています。

骨盤のゆがみから股関節がズレて、脚の付け根にある太ももの骨(大転子)が
骨盤の外に張り出していることで、お尻や太ももが太くなってしまうのです。
引用元:美脚の女神.jp(引用元へはこちらから)

転子が出てしまうと脂肪が付きやすくなる

大転子が出てきてしまう原因は、生活習慣での姿勢が原因。

床に座る習慣があったり、内股だったり、脚を組んだり、立っている時に片方に体重をかける癖があると出やすくなります。

まずは、大転子を正しい位置に戻しましょう!

「歩き方」を改善しよう

あなたは正しい「歩き方」で歩いていますか?

靴のかかとが極端に外側から削れている方、両足を伸ばして座って、 太ももを手で強く押し込むようにマッサージをすると痛い方はおそらく外重心です。
外重心で歩いてしまうと、骨盤や太ももの外側の筋肉ばかりが発達してしまい、 結果、太ももの外側に位置する大転子がどんどん外に引っ張られてしまうわけです。
引用元:www.yoga-lava.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者