2016年06月28日更新
歯磨き 美容 デンタルケア

正しいデンタルケアでクリーンな歯を目指しましょう

ランチのあと歯を磨いていますか?歯ブラシで磨いて終わらせていませんか?歯を見せて笑えますか?虫歯はないし、毎日歯は磨いてても、それだけじゃ歯周病は防げません。歯周病は放っておくと大変なことになります。今一度、正しいデンタルケア法を確認しましょう。

420
0

ランチのあと、歯は磨いていますか?

学校で、職場で、友達とカフェで…
ランチは出先で食べることがほとんど。

あなたは歯ブラシを持ち歩いていますか?

食べかすは「プラーク(歯垢)」へと変わります

子供の頃、食後は歯磨きと、口うるさく言われましたよね…

歯磨きは、しっかりと磨ければ、1日1回でも問題ありません。
ただし、食事をした直後の食べかすは3~40分経つと、菌のかたまりになり、粘着性がでて固くなります。よく「1日3回食後に」といわれるのは、プラーク(歯垢)が成熟しないうちに除去できることに由来するのでしょう。

歯磨き粉は、プラーク(歯垢)を浮かせるのに有効ですが、口内の爽快感からブラッシングが不十分な状態でも磨いた気分になってしまいがち。大量につけすぎないことが大切です。

ブラッシングで除去できなかったプラーク(歯垢)は、固くなり、歯石として蓄積されてしまいます。その場合には、歯科医による処置が必要でしょう。
引用元:panasonic.jp(引用元へはこちらから)

ブラークが固まらないように、三食ごとの歯磨きは大事です。

プラーク(歯垢)が溜まるとどうなる?

プラークは溜まるとどんなことを引き起こすのでしょうか?

プラーク(歯垢)は生きた細菌の塊で、むし歯・歯周病などの原因となります。乳白色で歯と同じような色をしており、舌で触るとザラザラした感触があります。また、水に溶けにくく、粘着性があるため歯の表面に付着し、うがいでは取り除くことができません。 歯みがきの目的は、このプラークを取り除いてむし歯や歯周病などにならないようにすることにあります。
引用元:www.lion-dent-health.or.jp(引用元へはこちらから)

「歯周病」は放置すると取り返しがつきません

「歯周病」って知ったつもりになっていませんか?
実はとっても怖いんです。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
引用元:www.jacp.net(引用元へはこちらから)

まとめ作者