2016年06月28日更新
美容 ダイエット 朝食

健康や美容にもいい!フルーツを最も効果的に食べるには「朝」

「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」ということわざがありますが、どうやら本当に「朝の果物」にはカラダに良い効果があるようです。

218
0
エネルギーを消耗せず、生産的な一日を過ごすためにも私たちの体にとって消化が難くなく、最低限のエネルギー消耗で済むフルーツはオススメであると考えられるようです。
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)
生のフルーツには食物酵素が豊富。「熟す段階であらかじめ消化が進んでいるため、消化吸収に要する体のエネルギーや体内酵素を大幅に節約できる」
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)

胃で消化にかかる時間は2,30分くらいで、他の食べ物より早いです。
ただし、バナナやアボカドは消化に1時間くらいかかります。

午前中は「排泄」の時間

人は早朝4時からお昼12時は排泄の時間、お昼12時から夜8時は消化の時間、そして夜8時から早朝4時は吸収の時間とされているのだそうです。

フルーツには食物酵素だけでなく、水分やビタミン、ミネラルもたっぷり。さらにうれしいことに、食物繊維も水溶性・不溶性ともにバランス良く含まれる。
 つまり大腸の環境を整えてお通じを促進する効果も、同時に期待できるということ。大腸で毒素が発生しても、それをスムーズに排泄することにつながる
引用元:wol.nikkeibp.co.jp(引用元へはこちらから)

またフルーツに含まれているカリウムは、むくみをとる効果も。

キウイはビタミンCが豊富に含まれ、キウイ約1個で1日に必要なビタミンCを摂取でき、美肌効果も期待できます。
また、食物繊維も豊富で、満腹感を与え、脂肪の吸収を抑制し、便秘を予防する働きも期待できます。

ブドウ糖の語源でもあるブドウ。その名の通り、直接脳にエネルギーを供給するブドウ糖も豊富に含まれています。 
抗酸化力が強いポリフェノールや、痴呆の予防につながる酵素PEPを阻害する作用を持つペンタペプチドという成分も含んでいます。

フルーツの糖分は大丈夫?

果物の果糖は白砂糖よりも複雑で、ゆっくりと吸収されます。そして細胞へ送るときもインスリンを必要としません。
引用元:www.y2asmr.net(引用元へはこちらから)
果物などはその甘味の為、糖尿病やダイエットに良くないと言われますが、甘味自体添加の砂糖類と違い自然ですし、食物繊維も多く摂れるので最近の研究では、それほど血糖値を上昇させないと言われています。
引用元:www.dietaryfiber.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者