2016年06月28日更新
美容 ダイエット 朝食

健康や美容にもいい!フルーツを最も効果的に食べるには「朝」

「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」ということわざがありますが、どうやら本当に「朝の果物」にはカラダに良い効果があるようです。

216
0

「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」

ヨーロッパのことわざに「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」というのがある。
くだものは、昼なら銀、夜食べても銅に値する栄養価があるが、やっぱり金なのは朝食で食べる果物なんだそうだ。
引用元:ironhealth.blog.shinobi.jp(引用元へはこちらから)

せっかく食べるなら…「朝」がおすすめ!

ことわざは本当だった!

朝のフルーツには「良い効果」があるようです。

朝の人間のカラダについて、そこにフルーツが与える効果についてご説明します。

朝のカラダの状態は…

睡眠中もカラダは「エネルギー」を消費しています 。

寝ている間は動かないのでエネルギーは必要ないと思われがちですが、脳や臓器は活動しています。特に脳はエネルギー消費量が大きく、エネルギー源である血中のブドウ糖(血糖値)は寝ているときも消費されています。
引用元:www.asken.jp(引用元へはこちらから)

朝起きたときに、頭が働かずボーっとすることってありませんか?それは脳がブドウ糖不足かも。

1日のはじまりの活力を得るためには、朝に適度にブドウ糖を補給することが大切なのです。ブドウ糖はごはんやパンなどの炭水化物や果物の糖分から補給することができます。
引用元:www.asken.jp(引用元へはこちらから)
果物の果糖は、独自の酵素によって消化されているので、すぐにエネルギー源が腸壁から吸収されます。
引用元:www.y2asmr.net(引用元へはこちらから)

デンプンよりもスピーディーにブドウ糖に分解されるので、効率のいいエネルギー源です。

フルーツは「消化」もいいのがポイント

まとめ作者