2016年06月28日更新
美容 スキンケア ニキビ

生理周期を味方につけて!しっとりぷる肌に♡

女性には辛い生理。肌荒れもその悩みの大きな原因になります。生理周期をうまく味方につけることができれば肌を綺麗に保つことができるようです。どのタイミングでケアしたら効果が高いのか?まとめてみました。

277
1
画像を拡大

体調も好調で、ダイエットも一番向いてる時期なのでこの時期1番効果を発揮します。

出典:d20u4i5j3l9sia.cloudfront.net
いつもと違うスペシャルなご褒美ケアはこの時期にする
引用元:bihada-girl.com(引用元へはこちらから)

新しい化粧品や肌に少し負担の大きいパックなどを試すのもこの時期にしましょう。

ビタミンCを多めに摂れば美肌効果がさらにUP
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

肌の状態も一番良く体調も良いので、効果が高まるこの時期にビタミンなど美容成分を多めに摂りましょう。

黄体期前期(15~21日目)

画像を拡大

不安定な時期に入る前の準備期間です。ここでも肌の水分バランスが崩れやすいので保湿を忘れずに。

出典:cdn.slism.net
肌荒れ、シミが出来やすいので紫外線ケアを特に念入りに
引用元:kirei.woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

ニキビなど肌荒れ、特にシミができやすいので極力日焼けは避けましょう。

全身がむくみやすくなるので、過剰な塩分やお酒は控える
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

黄体期後期(22~28日目)

画像を拡大

お肌の抵抗力がかなり落ちている時期です。お肌の負担になることは極力避けて。

出典:mdpr.jp
新しい化粧品、エステなど肌への負担が大きいので避ける
引用元:bihada-girl.com(引用元へはこちらから)

必要最低限のスキンケアを行うことを心がけて。

生理周期にあったお手入れで、しっとりぷる肌を目指しましょう♪

まとめ作者