2016年06月28日更新
美容 スキンケア ニキビ

生理周期を味方につけて!しっとりぷる肌に♡

女性には辛い生理。肌荒れもその悩みの大きな原因になります。生理周期をうまく味方につけることができれば肌を綺麗に保つことができるようです。どのタイミングでケアしたら効果が高いのか?まとめてみました。

273
1

お肌の調子はコロコロ変わる

でもそれ、もしかしたら生理周期を気にせずやってるケアが原因かもしれません。

詳しく見てみましょう。

「月経周期」によって、スキンケアに向き不向きな日が出てくる
引用元:www.glitty.jp(引用元へはこちらから)

女性ホルモンが変動するのが原因です。

このシグナルに敏感になることでより美しくなることができる
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

生理自体はやっかいなものですが、これをケアのシグナルとプラスに捉えることでその時にあったスキンケアができるようになります。

まずは、生理1日目から数えて次の生理が始まる前日までの28日を7日ごとに4つに分ける
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

個人差があります

出典:www.skincare-univ.com

月経期(1~7日目)

画像を拡大

血行がわるくなり体も冷えやすくなります。肌の水分量バランスも崩れやすい。

出典:googirl.jp
乾きやすいこの時期はとにかく『保湿』
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

最初の7日間は生理中(月経期)で体温も低いため、血行が悪く肌も乾燥しがちな乾燥期。この乾燥期に必要なスキンケアはとにかく保湿。

水分、脂分を十分補給して軽い運動をすることがオススメ
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

運動するのにも向いているので、血流を改善するような軽めの運動を。

卵胞期(8~14日目)

まとめ作者