ダイエットしなくてもOK!?マイナス5kgを叶える“やせ見えメイク”

ダイエットが続かず挫折してしまう人でも、やせ見えメイクで小顔を手に入れちゃいましょう♡

799
0
ダイエットしなくてもOK!? マイナス5kgを叶える“やせ見えメイク”って??
引用元:www.beautynewstokyo.jp(引用元へはこちらから)

まずは、この写真をみてください

同じヘア&服でメイクを変えただけ。でも、右の方がやせて見えますよね?

まずは、眉毛

目とセットで立体感を出せる眉毛の「ヤセ見え」は「太め&暗め」が鉄則。左は全体的に薄くて立体感がないから、目元の余白が目立って、のっぺり締まりのない顔に見えがち。一方、右はしっかり太さのある眉が目の存在を引き立てて、すっきりした印象に。
引用元:www.beautynewstokyo.jp(引用元へはこちらから)

右のほうがすっきりして見えますね。

絶対失敗しない薄太眉の作り方

画像を拡大

①美しい眉毛の軸となる 「背骨ライン」を描く
背骨ラインとは、眉毛を描く基本になる重要なラインのこと。描き方は眉を整えるときと同じで、始点は、眉中の上向きの毛と下向きの毛が交差しているところ。終点は、眉山から眉尻の間。この始点~終点まで、アイブロウペンシルでスーッと1本線を引きます。

出典:img.allabout.co.jp
画像を拡大

②背骨ライン(赤色)の下側に、ペンシルでラインを引きます。そしてその隙間を、1本1本、毛を描き足すようなつもりで、描き足しましょう。

そして、眉山で背骨ラインとつなげます。眉尻は、眉頭より下がらないように気をつけましょう。

出典:img.allabout.co.jp
画像を拡大

③背骨ライン(赤色)の上の水色の部分を、パウダーアイブロウで肉付けします。ポイントは、①、②で使ったペンシルよりも、淡い色を選ぶこと。眉毛にグラデーションをつけることで、毛が生えている感を高めます。

眉頭はまだ描かず、背骨の真上から始めて、眉尻でつなげます。

出典:img.allabout.co.jp
画像を拡大


③からパウダーをつけ足さずに、眉頭を描きます。ここで大切なのは、いきなり眉頭にブラシをあてないこと! 最初に触れた部分が一番濃く色づくので、内側から外側にのばすと、眉頭がベタッと仕上がってしまいます。

眉頭が自然にぼけるように、矢印のように背骨の始点から眉間方向に下側、上側の順にブラシを動かしましょう。

出典:img.allabout.co.jp
画像を拡大

⑤眉尻が、徐々に細くなるように調整します。パウダーアイブロウのブラシを立てて、スーッと描きましょう。

眉尻の終わりは、眉頭より低くならないように注意。太くなりすぎたら、綿棒でラインをそぎ落として、全体を整えましょうメント

出典:img.allabout.co.jp
画像を拡大

⑥パーリーなパウダーを、眉山の上下にブラシでのせます。ハイライトを入れることで、眉毛とメリハリがつき、眉の存在感がナチュラルにアップ。立体感が生まれるので、小顔効果もあります。

入れるの範囲は、写真のピンクの部分。広すぎると古臭くなるので気をつけて。眉毛の縁をなぞるようなつもりで、少しのせればOKです。

出典:img.allabout.co.jp

まとめ作者