2016年06月28日更新
ダイエット 美容 美肌

低カロリーを意識したい軽食のお供!美しい肌をつくる食材はコレだ!!

最近ではダイエット目的だけでなく、栄養素​​、ビタミンなどを補いながら健康面でも、食事のカロリーを意識する方が増えてきたように思います。今日は少し食べすぎたなと思ったら取りたい低カロリー食材を紹介します。

343
0

カッテージチーズ

ダメージ肌の改善

低脂肪のカッテージチーズ少ない量でも長い時間、満腹感が得られます。それだけでなく、抗酸化物質が高く、肌ダメージを抑えてくれます。またタンパク質も約14グラムが含まれています。

「カッテージチーズ」は100gで100kcal
引用元:www.akikotomoda.com(引用元へはこちらから)

その理由は、もともとカッテージは脱脂粉乳から作られるチーズのうえに80%も水分を含んでいるから。

カッテージチーズはわずか4~5%と低脂肪で低カロリー。子どもから高齢者、さらには妊娠中や授乳期の人も安心して手軽に食べられます。
引用元:www.yomidr.yomiuri.co.jp(引用元へはこちらから)
カッテージチーズには、セレニウムが豊富。セレニウムはミネラルの一種で、優れた抗酸化物質。活性酸素からのダメージから肌を守ってくれます。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
同じく豊富に含まれるビタミンEも、抗酸化効果が高く、シミやくすみを改善。また、肌の表面守ってくれるため、刺激に強い肌を作ってくれます。
引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

シミやくすみを改善など美しい肌をつくってくれるなんて…!

ミューズリーとヨーグルト

ヨーグルトは、タンパク質とカルシウムの供給源である。ミューズリーは、消化を助け、ビタミンやミネラルを栄養となります。この組み合わせは、低カロリーでありながら、しっかりと栄養素が取れ、腸内細菌を安定させるためにも役立ちます。

ミューズリー

ミューズリーはどれも栄養のバランスを重視しているのでカロリーは350kcal前後でそんなに差がありません。一回分40gとすると140kcal位でしょうか。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者