2016年06月28日更新
美容 ダイエット 美肌

砂糖はお肌の大敵だった!シュガーデトックスで美肌を手に入れよう!

女子なら誰だって甘いスイーツの誘惑には弱いものです。美味しいだけでなく見た目もかわいいお菓子やデザートにはついつい手が伸びてしまいますよね。でもその甘いスイーツの裏には大きな罠が……。

374
0

自然な甘さのフルーツに手を伸ばそう

どうしても甘いものが食べたくなったときは、天然のフルーツが一番。その時期に合った旬のフルーツを食べるようにしましょう。
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

フルーツの自然な甘さに慣れると、人工スイーツがどんなに甘いものか舌で感じ取れるようになってきます。

フルーツには水分が多くボリュームが増えて、満腹感を与えてくれます。さらにフルーツにはダイエットの味方、食物繊維が多く含まれています。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

甘いものが欲しくなったら水分補給

あまり知られていませんが脳は、喉の渇きを空腹と勘違いしてしまうことがあります。
水のほかにもココナッツウォーターやカフェインレスの紅茶が水分補給にオススメです。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

砂糖の代わりにハチミツ

ハチミツは、ビタミンやミネラルを豊富に含み、独特の風味やコクを持つので、お菓子作りだけではなく普段の料理に使っても「うまみ」が出て、非常にオススメの甘味料なんです。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

砂糖の1/3の量で同じ甘さなので、ハチミツは白砂糖の約60%のカロリー。ダイエットにも使えそう!

よく眠り疲れを残さない

仕事や勉強などで頭をフル回転した後は血液中にあるブドウ糖の量が不足します。

脳はブドウ糖を消費することによって働いているため、脳からの信号によって甘い物が食べたくなるんですね

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
疲れやストレスを感じている時に砂糖・脂肪を摂り過ぎると、さらに疲れが増すという悪循環を引き起こすことがある!
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者