2016年06月28日更新
美容 ダイエット ヨーグルト

食べるタイミングも大事!ヨーグルトの効果をもっと上げる食べ方まとめ

活の中で、代表的な食べ物でもあるヨーグルト。特に女性は好きな方も多いですよね。でも、ただ「食べるだけ」になっていませんか?せっかくなので、これからは自分の目的に合わせて食べてみてください。

270
0

ヨーグルトは、主として牛乳のたんぱく質であるカゼインが、乳酸菌の生成した乳酸により固まって出来たものなので、この固まりは、原料乳中の水分などが包み込まれています。発酵が進むにつれて収縮するため、水分(乳清=ホエイ)が分離します。

栄養価が高いということは知っていても「どう使えば良いのかわからない」と言う方も多いのではないでしょうか。

ホエイ(乳清)とは、牛乳から乳タンパクの主成分であるカゼインを除いたもので、水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラルが多く含まれています。
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)
低カロリー・低脂肪、さらに体内での吸収率が非常に良いため、
丈夫な筋肉をつくる「理想のたんぱく質」と呼ばれています。
引用元:www.wakasanohimitsu.jp(引用元へはこちらから)
かき混ぜて食べましょう。水切りヨーグルトでたくさんホエーが出たときも、ドリンクにして飲んだり、料理に使ったりしましょう
引用元:blog.chonaikaizen.com(引用元へはこちらから)

目的別に食べて、もっとヨーグルトの効果を発揮させよう

ダイエットが目的なら、食前に

いつもの食事の前にヨーグルトを食べるだけ
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
ヨーグルトは“ビタミンB2”が豊富です。ビタミンB2は脂肪の代謝を促す効果があり、脂肪の燃焼には不可欠な栄養素と言われています
引用元:www.commerceatroyes.com(引用元へはこちらから)

便秘を解消したいなら、食後に。

胃酸に弱い性質があるので、胃酸が分泌されやすい空腹時に食べるよりも食後のデザートとして食べるほうが効果的
引用元:www.1dp.jp(引用元へはこちらから)
便秘解消の場合は、食後のほうが胃酸が薄まっているため、
乳酸菌が良い状態のまま腸にたどり着きやすい
引用元:news.doctor-trust.co.jp(引用元へはこちらから)

胃が心配・・・」と言う時は、食事と一緒に

ヨーグルトを食べる事で胃腸の粘膜を守る作用がある。
引用元:www.epochtimes.jp(引用元へはこちらから)

アルコールの刺激を抑えたいなら、お酒の前に

飲む前に少しヨーグルトを食べると、胃粘膜を保護し、
アルコールの刺激を軽減できます
引用元:japanese.cri.cn(引用元へはこちらから)

まとめ作者