2016年06月28日更新
美容 美肌 肌荒れ

肌は内臓を映す鏡!肝機能をアップさせて、美肌になろう!

「肌は内臓を映す鏡」と言われているほど、肌と内臓の関係が深いことをご存知ですか?特に、肝臓は美白と美肌ケアに大きな影響を与えます。

407
1

肝機能をアップさせる食品の摂取。

画像を拡大

・しじみ、あさり、牡蠣
・ゴマ
・大豆、大豆製品、牛乳、乳製品、鶏卵
・レバーなどの鉄分などが上げられます。

出典:stat.profile.ameba.jp
しじみは潮の満ち引きによって塩分の濃度が変わる環境に耐えるため、内臓を大きくするよう進化してきました。これにより内臓の働きを活発にするアミノ酸やビタミンを豊富に含むようになりそのバランスも非常に良いもの
引用元:hadaaresimi.com(引用元へはこちらから)
野菜、果物、海藻、きのこなど、ビタミンと食物繊維で腸の働きを良くし、肝機能を助ける
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

②適度な運動で血流をアップ。

画像を拡大

何事も「~すぎ」は良くないと言われているように、過度な運動は逆に肝機能に負担をかけることもあります。「適度な運動」を。

出典:diet10kgover.com
「適度」を心がけることが大切です。特に、筋トレなどの無酸素運動は負担をかけやすいので、できるだけ有酸素運動をしましょう。
引用元:www.albeet.biz(引用元へはこちらから)

③ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる。

画像を拡大

肝臓の位置は右の肋骨の下部にあります。
ゆっくりと温めて、休ませてあげましょう。

出典:shojiko.net
肝臓を温めると血行がよくなり、解毒機能が高まります。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
全身の血流量も上がり肝臓の血流も盛んになる
引用元:bihada-mania.jp(引用元へはこちらから)

④ストレスを溜めないこと。

ストレスを溜めないことは、なかなか難しいことですが、心がけるだけでも全然違います。
自分だけのストレス発散方法を見つけるのも良いかも知れません。

ストレス(交感神経の緊張)は、内臓の血流量を減少させてしまうため、肝臓の働きが鈍くなります。
引用元:n-oak.jugem.jp(引用元へはこちらから)
ストレスは、免疫力を低下させ、ホルモンバランスを乱し、肌の新陳代謝にも影響を与えます。
引用元:kenkoulife.ke-ms.info(引用元へはこちらから)

まとめ作者