2016年06月28日更新
美容 美肌 肌荒れ

肌は内臓を映す鏡!肝機能をアップさせて、美肌になろう!

「肌は内臓を映す鏡」と言われているほど、肌と内臓の関係が深いことをご存知ですか?特に、肝臓は美白と美肌ケアに大きな影響を与えます。

407
1

内臓の不調は、自分の「肌」に現れます。

「肌は内臓を映す鏡」と言われているほど、肌と内臓の関係が深いことをご存知ですか?
特に、肝臓は美白と美肌ケアに大きな影響を与えます。
「ちょっとお肌のトラブルが多いかも・・・」そんな風に思った時は、肝機能を労わってあげましょう。

肝機能の低下は肌にも顕著に表れます。
引用元:hadaaresimi.com(引用元へはこちらから)
さまざまなお肌のトラブルは、解毒と代謝をつかさどる肝臓のヘルプサイン
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)
「本物の美しさは内側からつくる」とよく言いますが、この内側からというのは内臓の部分が大きく関わっています。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

大切な「肝臓」は、生活環境にある毒素を出してくれています。

画像を拡大


生活環境にある毒素とは?


・食品添加物、残留農薬
・トランス脂肪酸
・環境ホルモン
・精製炭水化物
・過剰な砂糖、喫煙、飲酒など。

出典:www.naika-inoue.com
肝臓はただ黙々と働いている「静かなる臓器」といわれ、胆汁の生成、血液円滑輸送液生成、増血、解毒・中和、ビタミン貯蔵、血液貯蔵、体液発生など、その役割は重要で、いろいろな働きをしています。
引用元:www.geocities.jp(引用元へはこちらから)
食事や呼吸をすることで、少なからず有害物質や添加物などの不要物が体内に入り込みます。肝臓はこれらを代謝・分解をして無害化する働きを持っているのです。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
肝機能低下で、タンパク質の一種であるコラーゲンの再合成も低下し、肌のハリを失うことに。
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

肝機能が低下して来ると、シミ・くすみなど、肌トラブルのもとに。

画像を拡大

肝機能が低下してしまうと、これらが解毒されずに体内に蓄積してしまいます。
爪や白目の色、肌の色が悪くなるだけでなく、シミ・くすみなどを作り出す原因を作ってしまいます。

出典:img.allabout.co.jp
皮膚は主にタンパク質でできています。肝臓はたんぱく質を合成する働きがあり、肝臓の機能が低下することで肌作りにも悪影響を及ぼし、顔が黒くなって土気色になってくることがあります。
引用元:www.bihakuskincarenavi.com(引用元へはこちらから)

肝機能をアップさせて、美白、美肌を目指そう!

まとめ作者