2016年06月28日更新
出会い 新しい恋 SNS

「夏の出会い」につながりやすい行動パターン紹介!

気分が開放的になる夏は、新しい恋に出会えるチャンスがいっぱい。勇気を出していつもより大胆な行動にチャレンジしてみると、彼氏ができる可能性が高まるかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性100名に聞いたアンケートを参考に、「『夏の出会い』につながりやすい行動パターン」をご紹介します。

1364
0

男女混合で盛り上がれそうなBBQイベントを企画する

「知り合いなら誰でも参加自由にして、友達に誘い合ってもらう」(20代女性)

など、男女問わず大人数で楽しめる夏のBBQは、それほど大きな手間を掛けずに実現できそうなイベントです。勇気を出してリーダーシップを発揮すれば、「主催者」として男子の注目を集められるでしょう。

ビアガーデンなど、開放的な場所に飲みに行く

「普通の居酒屋よりイベント感がある」(20代女性)

というように、夏の風物詩であるビアガーデンは、単なる飲み会よりも男性を誘いやすいようです。
「今しか行けないから!」という部分を強調すれば、いつもとひと味違うメンバーで飲みに行けそうです。

地元の夏祭りに参加し、昔のクラスメイトとの再会を狙う

「ゼロから出会いを探すより、過去の人脈を掘り起こしたほうが早い」(10代女性)

というように、地元の若者が集まる夏祭りに足を運べば、かつての同級生たちに遭遇できるかもしれません。久々の再会で盛り上がれば、後日飲み会や遊びに誘えるチャンスもありそうです。

普段なら行かない繁華街のクラブやバーをはしごする

「とにかく人の多いところで飲む」(20代女性)

というように、いつもより行動範囲を広げて新たな交友関係を作ろうとする人もいます。
夏は夜遊びをする人が増えるので、近くで飲んでいる男性と話すチャンスもありそうですが、前後不覚にならないよう酒量はセーブしましょう。

SNSなどの出会いイベントに積極的に参加する

「彼女を作って夏を満喫したい男性が沢山いるはず!」(10代・20代・30代女性)

というように、SNSなど出会い目的の催しに参加して、ストレートに相手を探す作戦です。
季節を問わない正攻法ではありますが、夏の開放感に後押しされて成功率はアップしそうです。

まとめ作者