2016年07月12日更新
合コン 飲み会 カップル

【必見】まったく実りの無い「合コン」から卒業しよう!

どんな合コンをすれば、真剣な出会いが期待できるのかのでしょうか? 実りある合コン遂行メモ!いますぐアクションしてみましょう!

1564
0

そもそも合コンとは?

合コンとは、「合同コンパ」の略で、本来は2つ以上のグループが合同でするコンパを意味します。多くは、男性と女性のグループが交流を持つ会のことです。合コンの多くは、男性女性それぞれ同数で行われます。仕事やサークル、旧友と威勢の知人、友人を発端にして、双方が人数を調整して行うものが多いです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
合コンは、あくまでも男性女性が知り合うための切っ掛けであり、その後の個人的交際を目的にして行われます。(中にはその場の飲み会を楽しむ目的もあります) 以前は合同コンとも言われていましたが、現在はほとんど使われません。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

合コンや飲み会を実りのあるものにするには?

ターゲットに合った人選の合コンにする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あらかじめどんなタイプのメンバーがくるのかを知っておく。そのためにはまず自分たちがどのようなメンバーを呼ぶのかを相手側に報告することが大事。互いのニーズを一致させるにはある程度思い切ってリクエストすることが大事です。せっかく開催した合コンでまったく好みではない軍団と対面してしまうのは酷。次回の意欲がそがれ、最悪の場合は女友達を失います(笑)

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

友達を探すくらいの気持ちで

 合コンや飲み会に行く人は、恋人候補として相手を見がち。そのため、自分なりの基準をクリアしていない人を、最初からはじいてしまうことになります。しかし、その基準は、無意識のうちに理想に照らし合わせて作っているため、どうしても厳しいものになりがちです。そうやって厳しく線引きしてしまうと、なかなかこれぞと言った人が残りにくいため、どうしてもがっかりすることに。


引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
また、相手にもその気持ちが伝われば、その後につながりにくくなります。そのため、合コンや飲み会に行くときは、目標や理想は高く持たないほうが正解です。「友達になれる人を探す」、「人脈を広げるために行く」くらいにしておくと、相手を絞りすぎなくなるため、意外な人の意外な魅力を発見しやすくなります。また、恋人候補よりも友達候補を得るほうが簡単なので、合コン・飲み会が無駄になりにくくなるはずです。
引用元:news.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

相手の年齢層をチェック

一番の基準となるのがやはり相手の年齢です。あまり若い人ばかりの場合、割り勘と思っていた2次会の料金を年上の女性が負担しなくてはいけないという事態が起こる場合があります。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者