【アメトーーク】姉妹格差ありすぎ!尼神インター誠子の妹が怖すぎる!

芸人持ち込み企画プレゼン大会。ブレイク中の若手が集結!!持ち込み企画プレゼン大会が行われた。8月18日。

25210
0

若手芸人による番組企画プレゼン大会

本日は、芸人持ち込み企画プレゼン大会。宮迫は「知ってる人も、そうでない人も、顔が出てない人も」、フジモンは「ナダル服ダサ」と突っ込んだ。

一番目は、メイプル超合金・カズレーザーのプレゼンは「小さいこと気にならない芸人」。 「ごちそうさま」の連絡、酒の席での説教、サインや他人の生まれたての赤ちゃんの写真はどうでもよくね?とした。お返しに深海魚の写真を見せると、説教をされたという。この説教を竹山に何十回されているが、なかなかなおせないのだとか。

次は、バンビーノの藤田が「顔が出ない芸人」をプレゼン。内容、良いことは電車にスムーズに乗れる、ヤンキーに絡まれない、本物って分かった時の振り幅などとした。悪いことは、グッズが出ても嬉しくない、雑誌の撮影、CMなどとした。

いけだてつやは、ボードゲーム大好き芸人、セカイの面白ボードゲーム紹介。美女とハーレムを作るエミーラや、雪男をテーマにしたイヌイット、プゥは密室でオナラをした犯人を探すゲーム。

青年タイアップ金井は、剣道芸人を選んだ。ナダルも小3から高3年まで剣道をやっているなどと話した。そして内容は、面の形だけで強さが分かる。面がダサいと弱いと話した。次いで、どこを打ったクイズでは、ナダルが先に答えをいうので、宮迫が「先に言うなや」と。

ゆりやんレトリィバァは、好きな人が芸人芸人に対し、カズレーザーは「いい」とコメントした。アキナの山名文和が好きと話すゆりやんレトリィバァは、好きになったきっかけをボーリングに一緒にいった事。好きな人芸人あるあるは、同じ舞台の時は自信あるネタを提出、

若手芸人による番組企画プレゼン大会。インディアンス田渕は「男子ソフトボール部芸人」を提案。田渕は高校でソフトボール部に所属しており、ソフトボール部故の悲しい思い出としてダブルベースを野球部にいじられることや、球技大会のソフトボールでは野球部も活躍してしまうエピソードを披露し、最終的には野球部に入っておけば良かったと締めくくった。

若手芸人による番組企画プレゼン大会。尼神インター誠子は「姉妹格差ありすぎ芸人」を提案。誠子には双子の美人な妹がおり、格差で辛かった事について学生時代に家でずっと無視、唯一の会話が「ハズいねん」、誕生日のお祝いは3年に1度などと披露。また、妹に羨ましいと言わせたいとし、妹に電話でアメトーーク収録中だと伝え羨ましがらせる作戦を実行。


引き続き、若手芸人による番組企画プレゼン大会。尼神インター誠子は「姉妹格差ありすぎ芸人」を提案。双子の美人な妹がいるという誠子が、妹に電話でアメトーーク収録中だと伝え羨ましがらせる作戦を実行。最初は嘘だと信じてもらえないが宮迫の声を聞いた途端、声色が変わり、すごいと言わせることができた。

若手芸人による番組企画プレゼン大会。コロチキ ナダルは「声高い芸人」を提案。損したことについて披露しようとするが肝心なところで噛んでしまい終了。相方の西野は「相方が先輩に失礼芸人」を提案。これはナダルに内緒にしていたドッキリで、ナダルはなんとも言えない顔をして周囲を沸かせた。
引用元:tvtopic.goo.ne.jp(引用元へはこちらから)

「相方が先輩に失礼芸人」が採用

若手芸人による番組企画プレゼン大会。コロチキの西野が提案した「相方が先輩に失礼芸人」が見事採用された。

まとめ作者