2016年06月28日更新
ドライヤー 髪つや

つやつや美髪を手に入れよう!重要なのはドライヤーのかけ方だったんです

髪型によって印象が大きく違いますが、アレンジ髪やヘアセットは毎日大変と感じる人は多いはず!毎日のお手入れで、おろしただけで様になる美髪を手に入れましょう!

189
1
髪の毛を濡れた状態で、いきなりドライヤーはあまり好ましくありません。
まず、タオルでしっかりと水分を吸い取ります。

引用元:sara-kami.com(引用元へはこちらから)
ドライヤーは「かけ過ぎ」「乾かし過ぎ」が問題なのであって、使用すること自体が「悪」ではないのです。シャンプー後は、適切にドライヤーを使って乾かすほうが、髪にとっては良いと言えます。

引用元:低温ドライヤー.jp(引用元へはこちらから)
頭皮のすごく近くからドライヤーを当てる人がいますが、ドライヤーは髪から最低でも20cmは離してかけてくださいね。
引用元:sara-kami.com(引用元へはこちらから)
髪の毛は根元の方が水分が多く、毛先はに向かうにつれて水分量が少なくなります。毛先に長時間ドライヤーを当てると傷みやすいので、根元を重点的に、毛先は軽く当てるようにしましょう。
引用元:yoi-care.com(引用元へはこちらから)
ドライヤーの冷風をあてることにより、髪の毛のキューティクルを引き締めてあげる効果があります。
引用元:beautiful-hair.seesaa.net(引用元へはこちらから)

髪のダメージの原因は濡れているということだったのです。
毎日髪を洗うことで、濡れた髪を上手に乾かすことが、大切ですね。

ポイントは4つ
1.優しくタオルでふき取る
2.ドライヤーを20センチ離す
3.根元を中心に、同じ箇所に長時間温風を当てない
4.最後は冷風を使って乾かす

高価なヘヤケア商品を使うより、毎日の乾かし方を気を付けるだけで、髪質が変わってくるのです。
夜のシャンプーで濡れた髪を上手に乾かすことで、毎朝の手間から解放される、つや髪を手に入れましょう。

まとめ作者