2016年06月28日更新
ウェットヘア ヘアケア

【ヘアケア】乾燥した髪の毛をツヤ感あふれるヘアに!効果のある方法って?

髪の毛の気になる枝毛、パサパサをどうにかしたい!艶のある髪の毛にあこがれる! そんな女子に必見の髪の毛のツヤ感UP術です。

685
0

髪の毛が乾燥するのが嫌!

画像を拡大

これは全部「乾燥」が原因なんでしょうか?

出典:h-colors.com

髪の毛がパサパサになってしまったり、枝毛が出来てしまう原因はなに?この原因を知って、効果的なケアをしていけばツヤ感あふれるヘアを手に入れられる!
ぜひ、チャレンジしてみて!

パサパサ髪の原因・・・

画像を拡大

どうしたらいいの?ヘアスタイルが決まらない!

出典:thebiyo.wordpress.com
髪がパサパサになる原因にはたくさんありますが、主にはダメージを与えるパーマや毛染め、髪を洗うとき髪をゴシゴシ
してしまうこと、そして、髪の水分が奪われてしまう乾燥が上げられます。

髪の水分が奪われる環境は、エアコンの効いた部屋に長いこと居たり、ドライヤーを当てすぎて髪の水分まで
飛ばしてしまったり、紫外線に当てることで髪が乾燥したりといったことが考えられます。

こういった環境に気をつけるとともに、ヘアケア、特にトリートメントで髪がパサパサになるのを防いだり、
改善したりすることができます。
引用元:xn--vcka6fb6196k.net(引用元へはこちらから)

空気が乾燥している

画像を拡大

部屋のエアコンで乾燥・・・

出典:news.kakaku.com
冬は、外の冷たい風はモチロン、部屋の中のエアコンにも注意が必要です。 エアコンの風に直接あたっていると、静電気が起きやすくなったり、 髪の表面がゴワついたりパサついたり。。

そんな経験ないですか?

実は、髪の水分が失われると、表面のキューティクルがカラカラに。 剥がれやすくなってしまい、髪のダメージが表面化し、枝毛や切れ毛の原因にも。 さらに、外側のキューティクルがドンドンと剥がれてしまうと、 傷ついた部分から、髪の内部の水分までも出てちゃって、ダメージが進んでしまいます。

髪の毛がパサいてると思ったときは、ムリに引っ張ったりしないで、 優しくほぐすようにブラッシングするようにしましょうねっ。
引用元:pure-la.net(引用元へはこちらから)

自然乾燥が髪に良くない

画像を拡大

ドライヤーも良くないんじゃないの?

出典:xn--hckh5bzbzas6eyb2f4k.com
シャンプー後の濡れた髪や頭皮というのは、当然のことながら、湿気が非常に高い状態になっています。

もともと頭皮は湿度や温度が高く、雑菌が生息しやすい環境になっています。

そこにさらに湿気が加われば、雑菌にとっては絶好の繁殖場所になるのです。

そのため、自然乾燥というのは、雑菌が好む環境を長時間にわたって維持するということになります。

つまり、髪が濡れた状態(湿気が多い状態)をそのままにして、自然に乾くのを待つということは、わざわざ雑菌の繁殖を促進していることになるのです。

引用元:xn--eckwdtdsa1h503t2e6b.jp(引用元へはこちらから)

適切にドライヤーを使用するのがベスト

髪や頭皮のためには、やはりドライヤーを適切に使用して乾かすのが理想です。

ただ、一般のドライヤーは温風が120度にまで達し、髪の限界と言われる60度をはるかに超える高温なので、どんなに気をつけても髪を傷めてしまいがちです。

そこで、髪を傷めない温度(60度程度)に設定された低温トリートメントドライヤーをオススメします。

熱によってキューティクルを傷めたり、髪がヤケド状態になるのを防げるので、ツヤや張りのある元気な髪を維持することができます。
引用元:xn--eckwdtdsa1h503t2e6b.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者