2016年06月28日更新
入門 ジェル 基礎

【入門】ジェルネイルの塗リ方・外し方 3/3

ジェルネイルの準備と前処理が終われば、ここからが本番です!塗り方とさらに大切な外し方を知れば、これから楽しいジェルネイルライフが待っています!「画像をクリックすれば、画像が拡大されます。」

2048
0
未硬化ジェルとは、紫外線で固まらなかったジェルのことを言います。
引用元:www.luvnail.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

コットンに多めにジェルクリーナー(もしくはノンアセトンポリッシュリムーバーかエタノール)を含ませ拭きとる。
しっかり力を入れて、端まで拭きとる。

出典:latte.la
拭きとりの際、曇ってしまう人は爪ごとにコットンを変えて一度拭いた面では拭きとりをしないようにする。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

未効果ジェルは必ず発生するので
きちんと拭き取ります。

ジェルネイルの外し方

ジェルネイルは長持ちしても約1か月です。
それを過ぎれば、ネイルも劣化しているので剥がす必要があります。
無理やりはがすのは自分の爪を傷つけるので、やめましょう。

画像を拡大

1. ジェル表面を粗めのバッファーでサンディングします(ジェルの表面を削って傷をつける)。
こうすることによってリムーバーを浸透しやすくします。

出典:allabout.co.jp
180G~230Gのファイルで細かく動かし、サイドや爪先端までムラなく、まんべんなく削るといいでしょう。
引用元:www.luvnail.com(引用元へはこちらから)

全体的に細かい傷をつけることが
綺麗に落とすコツなんですね。

画像を拡大

2. 爪の大きさ程度にカットしたコットンにリムーバーを充分しみ込ませます。そのコットンを画像のようにアルミホイルにセットし、手前を折り返します。
ロールのホイルを切って使用しても構いませんが、カップホイルだと指に巻きつける程よい大きさなのでオススメです。





3. 爪の部分がコットンに当たるように指を置きます。リムーバーが皮膚に付着するとかぶれてしまう場合があるので、コットンはジェルが付いている爪部分だけに当たるように注意。
折り返したホイル部分が甘皮周りの皮膚にリムーバーを付着しにくくさせます。

出典:allabout.co.jp
皮膚が弱い人は、この時に甘皮周りにキューティクルオイルを塗布すると、保護となって良いでしょう。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

この状態で10分~20分程度待ちます。

ジェルのメーカーによってこの待ち時間は異なるので、説明に従ってください

出典:allabout.co.jp
アルミホイルで指を巻いているときも、最低10分ははがしたり動かしたりせずにまちましょう
引用元:www.luvnail.com(引用元へはこちらから)

指にコットンにしみ込んだ
リムーバーが密着するように
アルミホイルを巻きましょう。

画像を拡大

6. ホイルをはずすと、ジェルは表面がひび割れた状態になっています。

ウッドスティックやメタルプッシャーなどで優しく取り除きます。

出典:allabout.co.jp

まとめ作者