2016年06月28日更新
ジェル 入門 基礎

【入門】ジェルネイルの塗る前の前処理 2/3

ジェルネイルの準備が終わったら、いよいよジェルネイルをしていきましょう。準備さえすればあとは、ネイルサロンに通わなくてもセルフネイルが楽しめます。「画像をクリックすれば、画像が拡大されます。」

1997
0

再度フィンガーボールでふやかす
プッシュアップが終わったら、再度フィンガーボールでふやかす。
次に行うキューティクルニッパーを使用する際、しっかり柔らかくなっていることが重要。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
画像を拡大

プッシャーで押し上げた際に出てきたルースキューティクル(甘皮の下にある角質)や、汚れなどをガーゼを使って取り除いていく。
ガーゼでのクリーンナップだけでもかなりのルースキューティクルを除去できるので、
キューティクルニッパーを準備できない場合はここまででもOK。

出典:latte.la
画像を拡大

ガーゼで取り切れなかったルースキューティクルや、ささくれなどをキューティクルニッパーで除去する。
しっかりふやかして柔らかくなったのを確認してから行う。
この際、切りすぎて出血しないよう注意する。慣れるまでは難しいので何度も練習が必要!

出典:latte.la

甘皮はどれくらいとればいいのか最初は不安ですよね。

画像を拡大

明らかに処理している爪の根元の方がすっきりしているでしょう?


甘皮は、自爪が透けて見え爪にのっている1㎜くらいの皮の部分です。


カットする部分は、神経がないところですよ。

出典:hibisetuyaku.blog.fc2.com

この写真のように
処理していると爪がとてもはっきりときれいに見えています。
甘皮は神経がなくて、切っても痛みがないところまでです。
痛みを生じたり、出血したりした場合は切りすぎです。
切らなくても、ガーゼのクリーンナップまででもいいんです!

出展:Youtube

【SHINY GEL】 プレパレーション - prepare nail for gel ―

【シャイニージェル】 *Twitter:http://twitter.com/WBW_co_ltd *Facebook:https://www.facebook.com/SHINYGEL *プロネイリスト様専用WEB ...

表面に傷をつける

画像を拡大

ファイルで爪の表面に軽く傷をつける。
爪を傷めないよう軽く傷をつけるだけでOK。
また、削るのは皮膚から1~2mmの部分と先端1~2mmの部分だけで良い。

出典:latte.la
爪を削ると言っても、爪の艶を取る程度でOK!


スポンジファイル180Gで軽く削ります。

引用元:hibisetuyaku.blog.fc2.com(引用元へはこちらから)
皮膚から1~2mmの部分と先端1~2mmの部分のみで真ん中は削らなくて良い。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
削らないタイプのジェルは爪に密着するジェルなのでこの工程が不要ですが、
普通のジェルは、この工程でつけた傷にジェルが入り込むことで爪に定着させるため、
傷をつけないと持ちが悪くなってしまいます。
ただし、傷をつけることで爪が薄くなってしまうためやりすぎは禁物です。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)

削らないタイプのジェルもあるので、
自分の持っているジェルがどのタイプかによって
この工程はいらないです。

削りすぎは自分の爪を痛めるので
表面のツヤをとる程度にしておきましょう。

ダストを取り除く

画像を拡大

ガーゼなどを使い、しっかりとダストを取り除く。
ダストブラシを使用する場合は、皮膚と爪の溝に入ったダストが残ってしまいがちなので気をつける。

出典:latte.la

まとめ作者