2017年11月13日更新
グルメ ご当地グルメ 大分

大分県の伝統郷土料理の食材たらおさ

鱈のエラや胃袋などを乾燥させて、海辺以外でも食べられるようにし、今も郷土料理に使われ愛されるたらおさのご紹介。

80
1

たらおさとは

画像を拡大

たらおさ(鱈胃)とは、鱈のえらとか消化器の干物で、日田のお盆に欠かせない煮物に使う伝統食材です。
細長く、えらなどの部分のギザギザがよくわかります。

出典:uroco1.com
画像を拡大

水で戻し、適当な大きさに切ったものを醤油や砂糖とともに甘辛く煮込んだ煮物が一般的な食べ方で、大分県日田地方で、お盆には欠かせない料理であり、現在でも各家庭で作られている。

出典:blog.goo.ne.jp
出展:Youtube

【日田】たらおさ-九州の味とともに(ハイビジョン版)

【日田】たらおさ-霧島酒造 本格芋焼酎「黒霧島」のTVCM「九州の味とともに」シリーズです。(ハイビジョン版) 飲酒は20歳から。飲酒は適量を...

たらおさ料理

画像を拡大

乾燥食品で、基本的に固いので、よく煮て食べます。

出典:en.bloguru.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

見た目は魚のアラとか、それ以上にもっと不気味な感じでもあったりしますが、新鮮な魚介の採れない時期や場所でも食べられる貴重な食材です。

出典:blog.goo.ne.jp
画像を拡大

めでたい時に食べる料理として扱われていることからも地域の思い入れがよくわかります。

出典:cookpad.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者